オプト、早稲田大学 内田研究室と共同研究を開始 数理統計や機械学習により広告の費用対効果向上を実現

オプト、早稲田大学 内田研究室と共同研究を開始 数理統計や機械学習により広告の費用対効果向上を実現

記事画像

 オプトのData Intelligence Teamは、広告の費用対効果の向上を目指すため、早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科 内田研究室(教授:内田真人氏)との産学連携において、デジタル広告における予算シミュレーションおよびアロケーションの精度向上をテーマに共同研究を開始した。

 オプトは「AlloSim」という独自の広告予算アロケーション・シミュレーションツールを開発し、広告主ごとの広告配信実績を基にした分析を行っていたが、広告主によっては実績データが足らず、値の欠損や不均衡が発生し、予測精度に課題をもっていた。

 数理的な情報処理の研究に強みを持つ内田研究室との共同研究では、機械学習や数理統計によりデータの値の欠損や不均衡を補い、広告予算アロケーション・シミュレーションができる環境を整備することを目的に取り組んでいく。

 これにより、多様な配信実績から高精度な広告予算アロケーション・シミュレーションを作成でき、様々な広告主企業に対して、よりスピーディーに精度の高い広告予算配分の提案が可能になることを目指す。

関連記事(外部サイト)