ALBERTとABEJAが業務提携 AI・分析プロジェクトとMLaaSの機能拡充において協業を開始

ALBERTとABEJAが業務提携 AI・分析プロジェクトとMLaaSの機能拡充において協業を開始

記事画像

 ABEJA(アベジャ)とALBERT(アルベルト)は、AI・分析プロジェクトの協業とMLaaS(Machine Learning as a Service)の機能拡充に向けた共同開発を行うため、業務提携契約を締結した。

 今回の提携を通じて、AI・データ分析プロジェクトの経験を有するALBERTと、AI開発・運用を省力化するプロダクトを提供しているABEJAが強みを掛け合わせ、AI・ビッグデータ活用にともなう専門人材の不足や導入の環境整備、運用といった課題に対してソリューションを提供していく。

 具体的には、ABEJAがAIの開発・運用に必要なプロセスを省力化するプラットフォーム「ABEJA Platform」をALBERTに提供。ALBERTは、ABEJAの顧客の一部に対して、顧客ごとに最適なAI・分析プロジェクトの推進を支援する。これにより、顧客へのAIモデルの提供が短期間で可能になるほか、AIの本番運用における継続的なモデル改善のプロセスを最適化できる。

 また両社は、MLaaSの機能拡充に向けた共同開発を開始。第一弾として、ALBERTが提供するAI・画像認識サービス「タクミノメ」で利用できるAIモデルを、AI開発の初期仮説検証を行うための「ABEJA Platform Accelerator(α版)」に搭載する。

 「タクミノメ」のAIモデルの提供範囲拡大により、収益機会の増加が期待できるほか、「ABEJA Platform Accelerator(α版)」では、新規事業開発推進者が仮説検証できるAIモデルの幅が拡大する。

関連記事(外部サイト)