名古屋グランパスエイトとKDDI、5GやXRを活用した観戦体験の実現に向けてパートナーシップを締結

 名古屋グランパスエイトとKDDIは、新たなサッカー観戦体験の実現に向け、戦略的イノベーションパートナーシップを締結した。

 両社は2020年春以降、5GやXR、IoTを活用し、豊田スタジアムをはじめとする名古屋グランパスエイトのホームスタジアムにおいて、顧客の体験価値を最大化すべく取り組んでいく。

 具体的には、XRの活用により、試合開始までの待ち時間を選手とコミュニケーションできる時間に変えていくほか、自由視点カメラを活用した新しいスタジアム体験を提供する。また、混雑する飲食店での注文やグッズ販売、トイレでの待ち時間をキャッシュレス決済やIoTの活用により短縮するといった取り組みも実施予定だ。

関連記事(外部サイト)