AppsFlyer、人ベースで端末・チャネル横断のユーザージャーニーを可視化できる新機能をリリース

AppsFlyer、人ベースで端末・チャネル横断のユーザージャーニーを可視化できる新機能をリリース

記事画像

 AppsFlyer Japanは複数端末やプラットフォーム、およびチャネルを横断した「人」ベースでの包括的分析を可能にした「ピープル ベースド アトリビューション(以下、PBA)」をベータ版でリリースした。

 「PBA」では、AppsFlyerが抱える世界84億以上のデバイスのデータベースを基軸とし、“端末a”ベースでの計測にとどまらず、端末aと端末bを所有し、ウェブ、スマートフォン、ひいては店舗等、それぞれの接点において異なる時間に異なる行動を示す“人物A”としての消費者行動を時系列で追うことが可能になり、より詳細な獲得経路が明らかとなる。

 これにより、それぞれの顧客と各接点において無駄のない適切なコミュニケーション、パーソナライズされた高品質なサービスの提供と高い顧客満足度を実現し、、顧客のLTV向上が可能になるという。

関連記事(外部サイト)