JR東日本とANA、MaaS領域で連携 検索・予約・決済などで協力しシームレスな移動体験を提供へ

JR東日本とANA、MaaS領域で連携 検索・予約・決済などで協力しシームレスな移動体験を提供へ

連携のイメージ

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と全日本空輸(ANA)は、MaaS(Mobility as a Service)の展開および構築において連携していくことで合意した。 

 両社は、2018年11月から観光流動拡大に向けた連携を開始し、地方への誘客推進の共同キャンペーンや訪日観光需要に対応したサービス展開、情報発信の強化などに取り組んできた。
連携のイメージ

 両社は今回の連携を通じて、モバイル端末などのデジタルテクノロジーを活用しながら、検索・予約・決済などの様々な面で連携し、より利便性の高い移動体験の提供を進めていく。たとえば、「鉄道と航空関係の情報がシームレスに受け取れる」「より簡単に鉄道のきっぷや航空券を購入できる」といったサービスの実現を目指す。

関連記事(外部サイト)