資生堂のオープンイノベーションプログラムにクラウドファンディング「Makuake」が参画

 クラウドファンディングサービス「Makuake」を運営するマクアケは、資生堂の新研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター」によるオープンイノベーションプログラム「fibona」に参画し、資生堂の研究開発部門発のアイデアを新製品として生み出し、「Makuake」を出口にイノベーションの創出をサポートする取り組み「fibona with incubators program」を開始する。

 「fibona」は資生堂R&D戦略部が中心となり、社外との接点から新たなイノベーションを起こすことを目的にしたオープンイノベーションプログラム。「Makuake Incubation Studio(以下、MIS)」 はMakuakeが大手メーカーらの研究開発技術を活用した新製品の企画から「Makuake」でのプロジェクトを通した販売・分析までを支援するインキュベーション支援事業。

 fibonaがMISと共同で実施するのが「fibona with incubators program」で、ビジネスモデルの設計や製品の企画立案などを行って研究知見やアイデアを形にし、最終的に「Makuake」でのプロジェクトの実施を通じてテストマーケティングを行う。半年以上の期間にわたり、全9回のワークショップ形式のプログラムを実施する。

関連記事(外部サイト)