DMP「AudienceOne」がCriteo連携 趣味嗜好や購買行動データで潜在層をターゲティング

DMP「AudienceOne」がCriteo連携 趣味嗜好や購買行動データで潜在層をターゲティング

記事画像

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)はDMP「AudienceOne」においてCriteoの広告配信ソリューションと連携を開始した。これにより企業は、Criteoでの配信に際して「AudienceOne」が持つオーディエンスデータを活用し、フルファネルへ対応したダイナミック広告キャンペーンを実施できるようになる。

 Criteoによる広告配信では機械学習により配信先を決定し、AIエンジンが最適と判断したユーザーに対し広告配信が行われる。今回の「AudienceOne」との連携により、企業はより細密なエリアの制御や、属性、趣味嗜好、購買行動等のデータを踏まえた動的なディスプレイ広告の配信が行えるようになり、潜在層への柔軟なターゲティングを行えるようになる。

 たとえば、「広告主の商材と同じカテゴリーに関心があると推定されるユーザー」、「広告主の商品購入者に類似するユーザー」、「広告主の商品購入率が高い地域に住むユーザー」へのアプローチが可能になる。

関連記事(外部サイト)