シナジーマーケティングの「AD2」と「Criteo」が連携 メールアドレスを活用した広告配信が可能に

シナジーマーケティングの「AD2」と「Criteo」が連携 メールアドレスを活用した広告配信が可能に

記事画像

 シナジーマーケティングは、同社が提供するアドレサブル広告(※)に特化した「AD2(アドツー)」において、Criteoが提供する「Criteo Audience Match(Criteoオーディエンスマッチ)」への連携を開始した。

※アドレサブル広告とは、企業が持つ顧客リストや購買履歴などの顧客データを活用し、個人情報に触れることなくユーザーを特定して最適なメッセージを届ける広告手法。

 これにより、「AD2」では、従来の従来のFacebook、Instagram、Yahoo!、Google、Twitterに加え、月間約19億人の「Criteo」オンラインユーザーに対しても配信が可能に。個人情報に触れることなく「AD2」で作成したセグメントリストを一括で連携し、配信することができる。

 また、自社の顧客データと「Criteo」のデータおよび機械学習技術を活用し、既存顧客・休眠顧客・オフライン顧客に「Criteo」のパーソナライズされた関連性の高い動的ディスプレイ広告を配信。LTVの向上に貢献する。

関連記事(外部サイト)