電通、SHOWROOMと資本業務提携 電通デジタルと協働しマーケティング活動とメディア事業の強化へ

 電通は、SHOWROOMが実施する第三者割当増資の引き受け、およびディー・エヌ・エーからの譲渡による一部保有株式の取得を行い、SHOWROOMと資本業務提携契約を締結した。

 SHOWROOMはライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」を運営し、様々なジャンルのパフォーマーによるライブ配信と、それを応援するという体験を提供してきた。

 電通はこの提携を通じ、電通デジタルと協働しながら、コンテンツの配信者と視聴者にとって、同サービスをより魅力的なエンターテインメントプラットフォームとして発展させ、そのマーケティング活動とメディア事業の強化を進めていく。また、提携によって得られる資産や知見を生かし、同サービスにみられるような視聴者とのコミュニケーションを、すべてのメディア企業において実現できるコンテンツ開発、ビジネスモデルの構築にも挑むとしている。

関連記事(外部サイト)