世界的に大ブームが到来中! レトロゲームを遊び尽くすアイテムを紹介

毎週、気になるグッズ、ホビー、ゲームをフワっとレビューする即買いガジェット。今週はレトロゲームを遊び尽くすアイテムです。

オリジナルのカートリッジがオークションで高額取引されるほど、世界的に人気のレトロゲーム。そんなレトロゲームを手軽に楽しむなら、『ニンテンドーeショップ』が絶対にオススメ!

こちらはニンテンドースイッチに対応したゲームをダウンロード購入でき、「懐かしの任天堂ハードのゲーム集」というレトロゲームの専用ページも開設。先月からは『MOTHER』シリーズも配信開始され、ラインナップは大充実。さらに、『ツクールシリーズ』のようなレトロゲーム風の新作も続々と登場し、お楽しみ要素がパワーアップしてますよ!

★アーケードのレトロゲームが楽しめる家庭用ゲーム機!

gad22_13_001.jpg

イーグレットツー ミニ 
タイトー/1万8678円

gad22_13_002.jpg

gad22_13_003.jpg

縦横回転可能な5インチ画面を搭載して、ゲーセンの定番筐体をミニチュア化。本体には『スペースインベーダー』『究極タイガー』など1978年から95年に発売された全40本の名作ゲームを内蔵。テレビへの画面出力も可能な、圧倒的ボリュームのレトロすぎる最新家庭用ゲーム機ですよ!

★レトロウオッチとレトロゲームが神コラボ!

gad22_13_004.jpg

タイメックス 80×スペースインベーダー 
ウエニ貿易/1万3750円(全3色)

gad22_13_005.jpg

文字盤や背面にスペースインベーダーのグラフィックを施したコラボウオッチ。デザインだけでなく、操作音やアラーム音にもゲームサウンドを採用した、思い出中枢刺激アイテム。

★ブームで大増殖中! レトロゲーム風の最新ゲーム

gad22_13_006.jpg

和階堂真の事件簿 シリーズ 
Ko Ohara/対応:Android、iOS、iPadOS/無料

gad22_13_007.jpg

16ビットゲームを彷彿させるビジュアルを採用した、殺人事件の犯人を突き止める推理アドベンチャーゲーム。アドベンチャーゲームが苦手な人でも1時間ほどでクリアできる絶妙なボリューム感で、現在シリーズ3作品が配信中。今年、Nintendo Switch版のリリースも予定される人気タイトルだ。

gad22_13_008.jpg

ツクールシリーズ サンダーストライカー 
Gotcha Gotcha Games/対応:Nintendo Switch/ 1200円(Nintendo e−shopでダウンロード販売) 

gad22_13_009.jpg

ツクールシリーズ ランブルドラゴン 
Gotcha Gotcha Games/対応:Nintendo Switch/ 1200円(Nintendo e−shopでダウンロード販売) 

gad22_13_010.jpg

Eastward 
Chucklefish/対応:Nintendo Switch、Windows、macOS/2680円(Switch版はNintendo e−shop、Winとmac版はSTEEMでダウンロード販売) 

90年代風のドット絵で描き込まれたグラフィックを採用したアクションRPG。エリアごとにストーリーが展開し、初心者でもプレイしやすいのが特徴。ファッションやアイテムなど90年代風味の要素も大凝縮!

★Winで楽しめるレトロゲームの配信サービス!

gad22_13_014.jpg

プロジェクトEGG 
D4エンタープライズ/月額550円 

ファミコンからMSXまで、1000本以上のレトロゲームを配信するサービス。ゲームプレイはWindowsパソコンで行ない、『クルセーダー(MSX版)』など名作を随時配信中。

gad22_13_013.jpg

今年は魔導物語シリーズ計40作品をアーカイブした『魔導物語 超きゅ〜きょく大全 ぷよぷよ入り』も配信予定だ。

(C)TAITO CORPORATION 2021 ALL RIGHTS RESERVED. 
(C)スカシウマラボ (C)2021 RETSUZAN Published by Gotcha Gotcha Games Pixpil Gamesc2021.Published by Chucklefish Games. (C)SEGA (C)D4Enterprise Co.,Ltd./株式会社徳間書店 1996 (C)2021 D4Enterprise Co.,Ltd.  (C)2021 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.

取材・文/直井裕太

関連記事(外部サイト)