インフルエンザウイルスを捕捉するたんぱく質微小チューブの研究進む

記事まとめ

  • 中央大学理工学部の小松晃之教授と慶応大学医学部の石井誠講師が研究する微小チューブ
  • すべての型のインフルエンザウイルスに対応可能で喉に噴霧する予防薬への応用を想定
  • 実験ではインフルエンザウイルスを100%除去できたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております