イグノーベル賞「股のぞき」研究に見る心理学の作法

イグノーベル賞「股のぞき」研究に見る心理学の作法

[写真]田中章浩先生。筆者が属する日本科学未来館の来館者を対象とした心理学実験を多数行っている

 「股のぞき」に「嘘つきの頻度」。9月23日に発表された今年のイグノーベル賞では、特に心理学に関する研究が多く選ばれました。一見すると、自分たちでもすぐに研究できそうなテーマですが、実は心理学の巧みな手法が駆使されています。私たちの日常生活にみられる「こころ」の秘密を、心理学者はいかに解き明かすのでしょうか?実験によって「こころ」のはたらきに迫る研究者に聞きました。

“思いつき”を学術的に実験に落とし込む

 「人々を笑わせ、考えさせる」研究に与えられるイグノーベル賞は、毎年10分野の研究に贈られます(「物理学賞」など部門名もありますが、後付けと思われるものが多いです)。今年はそのうち5つの研究(※1)が心理学や関連分野の研究でした。

「確かに心理学ではユニークなテーマをとりあげることが多いですね」と語るのは、実験心理学者の田中章浩先生(東京女子大学 現代教養学部 准教授)。「しかし、テーマを思いついたときに、学術的にしっかりした実験に落としこむ過程で研究者の力量が問われます」といいます。「心理学が対象にする『こころ』は直接目で観察することはできません。だからこそ、『こころ』のメカニズムを推測する方法論が整備されてきました。その方法論や考え方の体系を『心理学』と呼びます」

 では、実際にどのような考え方で研究をすすめるのか、今年のイグノーベル賞を受賞した「股のぞき」の研究を例に、田中先生に3つのポイントを挙げてもらいました。

 立命館大学の東山篤規先生と大阪大学の足立浩平先生によるこの研究では「股のぞきをすると、大きさの恒常性が弱まる」という結論を導き出しました。

(1)背景をよく理解する

 田中先生によると「この研究の意義を知るには、『大きさの恒常性』とよばれる現象を知っておく必要があります」。大きさの恒常性とは、遠くのものが小さく目の網膜に映っても、頭のなかで補正して、正しい大きさに戻すはたらきのこと。写真1は、同じ大きさのカラーコーンを2つ並べたものです。画像の大きさとしては、奥のコーンの方が手前の半分しかないのですが、どちらも同じ大きさのコーンだと認識して、そう見えていますよね?

 「この研究の興味深いところは、股のぞきをすると、同じ大きさの板であっても遠くのものほど実際より小さく見える、つまり『大きさの恒常性』が崩れることにあります」と田中先生は語ります。股のぞきのように、一見するとヘンテコに見える研究テーマも、その背景を知るととても自然な流れだと分かりますね。

(2)適切な実験条件を選ぶ

 では、イグノーベル賞を受賞するような一見ヘンテコな研究が、なぜ心理学の分野から多く生まれるのでしょうか?

「股のぞきの研究もエレガントな手法ではありますが、心理学者にとってはそこまで滑稽だとは思いませんでした。心理学では、うまく実験条件を分離するために、ヘンテコな状況を作り出します。一般の方から見ると、実験光景がシュールに見えて、かつ本人が真面目に研究している様子が面白く見えるのかもしれませんね」

 股のぞきをするという行為も「体の姿勢が視覚にどのような影響を与えるのか」という純粋な興味で説明ができます。東山先生らがエレガントだったのは、「体の姿勢」と「視覚」をうまく分けて処理した点にあります。

 股のぞきという行為を
(a)体を曲げることで姿勢が変わる
(b)視野が上下反転する
と分けたことで、どちらが「大きさの恒常性」の変化に強く影響を与えるか調べることができました。たとえば、(a)の「姿勢」はそのままで、(b)の「視野」だけひっくり返ったときの影響を調べれば、「視野が上下反転する」ということが原因なのかはっきりします。

 東山先生らは、写真2のように逆さメガネを使って、視野だけ反転させたり、股のぞきをしているけど上下正しく見えたりする状況を作り出しました(※2) 。この実験光景はなかなかシュールですね。

 このように上手く実験条件を切り分けることで、東山先生らは「大きさの恒常性が崩れるのは、体の姿勢による部分が大きい」ということを実証できました。

(3)調べたい実験条件以外をすべてそろえる

 股のぞきによって大きさの恒常性が崩れるのは、足が視野に入ることや、目の高さのせいかもしれません。

 「だからこそ、心理学者は目的とする実験条件以外の要因をストイックなまでにそろえます」と田中先生。東山先生の研究でも、足が視野に入らないところまでしっかりと体を曲げさせたり、目の高さをそろえるために、股のぞきをしないグループにも腹ばいにさせたりするなど、徹底的に実験条件以外の要因がそろえられています。

 「同じ実験系で同じ被験者が実験をやると同じ結果が出る、という再現性が重要です」と田中先生はいいます。調べたい実験条件以外にも実験全体にわたって繊細な気配りが必要なのですね。

誰もが納得する結論を導く科学的な手法

 ここでご紹介したポイントは、心理学に限らず科学一般にもいえることです。ただ、特に心理学では、これらのポイントを丁寧に達成する過程で、ヘンテコに見えるシチュエーションが現れやすいようです。

 しかし、ヘンテコな研究で人々を笑わせるだけではイグノーベル賞は受賞できません。「考えさせる」研究になるためには、誰もが納得する結論を導くための科学的な手法が必要です。日常では切り分けられない「こころ」の要因を、ヘンテコな条件で厳密に解きほぐす心理学。まだまだたくさんのイグノーベル賞候補が眠っていそうですね。

---------------------------------
(※1)…この記事では、2016年のイグノーベル賞受賞研究のうち、知覚心理学賞、経済学賞、医学賞、心理学賞、平和賞の5つを「心理学に関する研究」とした

(※2)…東山先生の著書「体と手がつくる知覚世界(勁草書房)」では、実験に用いた赤い板は「二等辺三角形」となっているが、受賞対象となった論文では「長方形(rectangle)」となっていたため、長方形の板を用いた写真を記事では使用した

《参考文献》
・東山先生らのイグノーベル賞受賞論文「Perceived size and perceived distance of targets viewed from between the legs: Evidence for proprioceptive theory」(http://dx.doi.org/10.1016/j.visres.2006.04.002)
・「体と手がつくる知覚世界」(東山篤規著、勁草書房)
・「心理学研究法 心を見つめる科学のまなざし」(高野陽太郎・岡隆編、有斐閣)
・科学コミュニケーターブログ「祝!日本人10年連続イグノーベル賞受賞!〜股からのぞくと、世界が変わる〜」(http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/2016092310.html)

◎日本科学未来館 科学コミュニケーター 志水正敏(しみず・まさとし)
1986年、熊本県生まれ。2013年より現職。生命の不思議に魅了され、大学院時代は70℃の温泉で生きられる細菌について研究。小惑星「リュウグウ」の名付け親の一人日本科学未来館では、研究者が来館者と実証実験を行うイベント「ともにつくるサイセンタン!」を担当