<ノーベル賞>3年連続で日本人受賞なるか? 日本科学未来館が予想

<ノーベル賞>3年連続で日本人受賞なるか? 日本科学未来館が予想

[写真]昨年、ノーベル賞を受賞した大村智氏(左)と梶田隆章氏。3年連続の日本人受賞者は誕生するか(ロイター/アフロ)

 今年もノーベル賞の季節がやってきた。今日10月3日夜(日本時間)の生理学・医学賞を皮切りに、物理学賞、化学賞と発表が続く。少なくとも自然科学系では、日本で最も知られている賞ではないだろうか。

 一昨年は赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏が物理学賞、昨年は大村智氏が生理学・医学賞、梶田隆章氏が物理学賞を受賞した。3年連続となれば、2000〜2002年の3年連続以来のこととなる。

 日本科学未来館の科学コミュニケーターは自然科学3賞について毎年、その年の受賞にふさわしいと思われる研究を3つずつ紹介している。

路線が変わった? 昨年の受賞テーマ

「賞を通して、メッセージを発信できるって、強いよね」

 昨年の受賞者発表のあとに、国際事情通の同僚に言われた言葉である。平和賞や文学賞はメッセージ性の強さを(その是非は別として)よく指摘されるところだ。しかし、同僚のこの言葉は、生理学・医学賞に関してだった。大村智博士が受賞者として名を連ねた昨年の生理学・医学賞は、途上国にいまも蔓延する(けれども欧米ではあまり問題にならない)熱帯病の治療薬が受賞テーマだった。

 ノーベル賞の歴史をひもとくと、創設当初の20世紀初頭のころはジフテリア、マラリア、結核と、感染症がテーマになっていることに気づく。ビタミンなど栄養に関する研究もある(時代背景として、熱帯病や栄養不良に悩むアフリカやアジアの国々が列強の植民地だった点は指摘しておきたい)。

 だが、近年では細胞レベルや分子レベルでの生命現象の基礎的な研究が多く、医療に直結するテーマも、がんや生殖補助医療など先進国でより重要視されているテーマが大半を占めるようになった。

 この路線のまま進むと思っていたら、昨年の熱帯病である。「顧みられない熱帯病」などとも呼ばれ、世界保健機関(WHO)や主要国首脳会議(サミット)が取り組むべき課題として近年挙げているが、その呼び名が示す通り、多くの人が注目しているとは言いがたい。そうした現状の中でのノーベル賞だった。ここに、国際事情通の同僚はメッセージ性を感じたのだろう。これが思い込みなのか卓見なのかは、今年以降の受賞テーマで明らかになっていくはずだ。

《生理学・医学賞》 発表は10月3日(月)18時30分〜

 未来館が「今年ノーベル生理学・医学賞を受賞するにふさわしい」として挙げたテーマと研究者は次の通りだ。

■アレルギー反応機構の解明(石坂 公成博士/坂口 志文博士)
 多くの現代人が悩まされるアレルギーの生じるメカニズムを解明。免疫学の新たな視点を提示し、治療への道を開く。

■不良品タンパク質の検品機構の解明(森 和俊博士/ピーター・ウォルター博士)
 細胞内では常にタンパク質がつくられているが、不良品も生じ、それを放置すれば病気につながりかねない。細胞が備えている巧みな検品の仕組みを解明。

■遺伝子治療の概念の提唱とその臨床応用(セオドア・フリードマン博士/アラン・フィッシャー博士)
 遺伝子の変異がもたらす先天性の難病を、根本から治療する「遺伝子治療」を、幾多の苦難を乗り越え実現。

・個々の研究の詳細は「生理学・医学賞」(https://thepage.jp/detail/20160930-00000010-wordleaf)の予想記事へ

《物理学賞》 発表は10月4日(火)18時45分〜

 物理学賞は“傾向”があると言われてきた。物性、宇宙、素粒子の3つのカテゴリーの中から、順番に選ばれているというのだ。選考する側が各分野に配慮を見せているようで、それはそれで興味深い。この傾向どおりに2013年は“素粒子”でヒッグス粒子が、2014年は“物性”で青色発光ダイオードが受賞した。“宇宙の年”だった昨年は「太陽系以外の惑星の発見」を本命視していたが、梶田隆章博士とアーサー・マクドナルド博士のニュートリノ研究が受賞したのは記憶に新しい。

 これまでの傾向からすれば、今年は “物性の年”となるはずだが、未来館ではその傾向にこだわらずに「今年の受賞にふさわしいテーマ」を挙げることにした。

 ノーベル賞は慣例として、1つの賞では受賞者は3人までとなっている。例外は平和賞で、個人が受賞することもあれば、国境なき医師団などの団体が受賞することもある。同じ年に個人と団体が名を連ねたこともある。

 なぜ、この話を始めたかというと、自然科学3賞もそろそろ団体を対象にしても良いのではないかと思うのだ。100年前とは異なり、国際協力チームによるビッグプロジェクトとして研究が行われていることがあるからだ。物理学の宇宙や素粒子はその傾向が特に顕著で、論文では著者の列記だけで1ページ以上になることもある。

 未来館の科学コミュニケーターが予想するノーベル物理学賞では、対象者を4人にしたテーマがある。別テーマの「重力波の発見」では、慣例どおりに3人にしたが、「この3人とLIGOチーム」というような形で、予想が外れる日が来ることを期待している。

■量子テレポーテーションに関する先駆的研究(チャールズ・H・ベネット博士/ジル・ ブラッサール博士/ウィリアム・ウーターズ博士/古澤 明博士)
量子の不思議な性質を利用した「情報の瞬間移動」を予測・実現。圧倒的な処理能力をもつ量子コンピューター開発の足がかりに。

■アト秒物理学の発展に対する貢献(ポール・コーカム博士/フェレンツ・クラウス博士)
 10 億分の1のさらに10 億分の1 秒(アト秒)の世界を「見る」技術を確立。化学反応の電子レベルでの理解や制御に期待。

■重力波の発見に対する貢献(レイナー・ワイス博士/キップ・ソーン博士/ロナルド・ドリーバー博士)
 アインシュタイン100 年の宿題といわれた重力波をついに検出。まったく新しい天文学「重力波天文学」が誕生。

・個々の研究の詳細は「物理学賞」(https://thepage.jp/detail/20161001-00000002-wordleaf)の予想記事へ

《化学賞》 発表は10月5日(水)18時45分〜

 毎年「何が来るのかまったくわからない」といわれるのが、化学賞だ。そもそも分野が広すぎる。昨年の「DNA修復機構の解明発見」や2012年の「Gタンパク質受容体共役受容体の研究」は生理学・医学賞での受賞でもおかしくないし、2014年の「超高解像度蛍光顕微鏡」や2011年の「準結晶の発見」は物理学賞でもおかしくない。20132年のシミュレーション研究も「典型的な化学の研究」からはやや外れているように思う。

 だからというわけではないが、未来館の科学コミュニケーターが挙げたのは、触媒や合成など、いずれも「これぞ、化学!」というテーマだ。ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルは、「人類のために貢献した人」に賞を贈るようにと遺言している。彼は化学者としてダイナマイトの開発をしたが、兵器として利用されたことはご存知の通りだ。「化学は人を幸福にするものであってほしい」。化学を学んだ科学コミュニケーターだからこそ、その思いは大切にしている。

■ドラッグデリバリーシステムへの貢献と組織工学の提唱(ロバート・ランガー博士)
 画期的な投薬システムを提供。すでに多くの患者がその恩恵を受けている。また、細胞から臓器や組織をつくり上げる手法も提唱。

■本多−藤嶋効果 ( 酸化チタンの光触媒能 ) の発見(藤嶋 昭博士)
 光を受けた酸化チタンが触媒効果を発揮し、汚染物質などの分解に役立つことを発見。ビルの外壁など、用途は生活のさまざまな場面に。

■自己組織化分子システムの創出および応用(藤田 誠博士)
 「自分たちで組み上がることのできる性質」をもつ分子を巧みに利用し、新しい発
想の巨大分子合成法を開発。できた分子は科学のさまざまな分野で活躍が期待。

・個々の研究の詳細は「化学賞」(https://thepage.jp/detail/20161002-00000005-wordleaf)の予想記事へ

未来館では発表の瞬間に生番組

 受賞者の発表は、スウェーデンを代表する研究機関であるカロリンスカ研究所(生理学・医学賞)とスウェーデン王立科学アカデミー(物理学賞、化学賞)で行われる。歴史を感じさせる重厚なインテリアの部屋と、受賞者の名前を聞いたときの各国の記者たちの反応も見所の1つだ。未来館では発表の瞬間をニコニコ生放送で皆さんと一緒に迎える番組を放送する。こちらも、お楽しみいただければ幸いだ。

--------------------------------------
◎日本科学未来館 科学コミュニケーター 詫摩雅子(たくま・まさこ)
1964年生まれ。日本経済新聞科学技術部、日経サイエンス編集部を経て、2011年より現職