人類が火星に向かうための3つの課題 JAXA 的川泰宣名誉教授インタビュー

人類が火星に向かうための3つの課題 JAXA 的川泰宣名誉教授インタビュー

米ユタ州砂漠で火星有人探査調査団体が行った模擬訓練

 月を超えて火星、さらにはその先へ ── わたしたち人類は、一体、宇宙のどこまで行けるのだろう。オバマ米大統領は2030年までの人類の火星到達に言及した。欧州探査計画「エクソマーズ」 は火星にいよいよ到達し、中国も火星探査に向けて野心的だ。人類が赤い惑星に向かうために、どういった課題があるのか? 宇宙工学が専門で「横浜こども科学館」の館長を務める宇宙航空研究開発機構(JAXA)の的川泰宣名誉教授に話を聞いた。

----------

人類が火星に向かうための3つの課題

 昨今、世界の宇宙機関のトップのあいだでは、国際宇宙ステーションの運用が終わる2024年以降の次の目玉プロジェクトが検討されています。その中で、米国は火星探査を提案し、他の国は特に反対しませんが、まず月面で実証実験を重ねてからにすべきでないか、という意見が国際的には多いようです。

 火星に行く場合、基本的に、火星に「行く技術」、火星で「生活する技術」、火星から「帰る技術」の3つの技術が必要になります。

 このうち、もっとも大きな課題を抱えているのが、生活する技術です。まず、放射線からどのようにして身を守って生活するのか、その対策がいまだ確立できていません。放射線を避けるため、たとえば地下に穴を掘って住居用のスペースを作るのか、遮蔽能力のある物質を外壁に用いたドームを作ってその中で暮らすのか。人類は、月面ですら長期間生活した経験がないのです。放射線対策の検討が必要です。

 この他、水や酸素の確保についても、まだシナリオができていません。火星の地下には水があるといわれていますが、どうやって取り出して利用するのかなどの課題があります。

 3つの中で、行く技術の開発は比較的進んでいますが、帰る技術については、宇宙船の機体の耐熱性をどう確保するかが問題です。スペースシャトルだと、大気圏突入時の表面温度が1500℃ほどでしたが、はやぶさの場合は惑星間航行のため突入速度がそれよりも速く、探査機本体の表面温度が3000℃を超えました。加えて、火星からの帰還時は宇宙飛行士を乗せていますから、内部の温度上昇も抑えねばなりません。
 
 とにかく、火星に行き、生活し、そして帰るためには、綿密な設計が必要です。

火星に人類が到達するのは2050年代以降か

 したがって、まずは月面で徹底的に実証実験を重ねて、火星に行くのはそれからだという主張は、大いにうなずけます。その月面での実証試験にも莫大な費用が発生しますから、どう考えても一国で挑むプロジェクトではありません。人類の総力を挙げて取り組むべきですし、それでも難しい挑戦になるでしょう。

 米国の起業家であるイーロン・マスク氏は、2020年代に火星移住を実現する計画を立てていますが、まずできないでしょう。NASA(米国航空宇宙局)も2030年代に火星に人類が到達すると言っていますがこれもかなり困難だと思います。解決できていない技術的な課題がありますので、実現時期を予測するのはかなり困難ですが、個人的には、2050年代以降になるのではないかと見ています。

 1960年代から70年代にかけて実施された米国のアポロ計画は、死亡事故も起きるなどかなり無理をしたように見受けます。政治的な要請で人命を危険にさらす事態は避けねばなりません。世界の人々と話し合い、着実に進めるべきです。

人類は太陽系全体に活動領域を広げていく

 もし、さまざまな課題が克服されて、火星へ行き来する時代が到来したとします。その時になると、人類は、他の衛星で生活に適した環境を構築できる技術や、これらの星を周回する宇宙ステーションの建設・運用技術を確立し、火星だけにとどまらず、金星や木星の衛星を含めた太陽系全体に活動領域を広げていくのではないでしょうか。月、火星など他の星への新婚旅行や修学旅行が実現しているのかもしれません。

 今は夢にとどまっていますが、人類はこれまで、過去の人類が予想した以上の発達を遂げています。たとえば今、ニュートンが生きていれば、とてもびっくりするでしょうが、人類の歴史は必ずそうでした。だから、人類が太陽系全体で活動する時代が到来する未来も、十分あり得るのではないかと思います。

(取材・文:具志堅浩二)