Google、中高生ウェブレンジャーのグランプリ決定

Google、中高生ウェブレンジャーのグランプリ決定

Google:ウェブレンジャープログラム

 Googleは9月4日、全国の中高生を対象としたインターネットの安心・安全を推進する「ウェブレンジャープログラム」のファイナルイベントをYouTube Spaceで開催し、グランプリなどの受賞チームを決定した。

 ウェブレンジャープログラムは、全国の中高生が「ウェブレンジャー」となり、与えられたテーマに沿って、インターネットを安心・安全に活用するアイディアを考え、世界に広める活動を展開するプログラム。

 日本で2回目の開催となる今回のテーマは、「スマートフォンを初めて使う人が安心・安全に使いこなすための効果抜群、斬新なプロジェクトを考え実施せよ」。4月4日〜7月31日にウェブレンジャー活動報告レポートを受け付け、極めて優れた活動を行ったウェブレンジャー10チームが9月4日のファイナルイベントに招待された。

 ファイナルイベントでは、10チームによるプレゼンテーションのあと、Googleと外部審査員が選考。岐阜県立岐阜総合学園高等学校のマルチメディア部TeamC「モギ家族会議 親の言い分・子の言い分」がアンバサダー賞グランプリに輝いた。マルチメディア部TeamCは、中学生向け情報モラルワークショップを企画し、中学生が普段気づかない親の気持ちに気づいていく仕掛けを作った。

 岐阜県立岐阜総合学園高等学校はアンバサダー賞グランプリのほか、2チームがアンバサダー賞を獲得した。

◆ウェブレンジャープログラム2016
【アンバサダー賞グランプリ】1組
・岐阜県立岐阜総合学園高等学校
チーム名:マルチメディア部TeamC「モギ家族会議 親の言い分・子の言い分」
【アンバサダー賞】4組
・熊本高等専門学校熊本キャンパス
チーム名:小さな子供大好きレンジャー
・駒ヶ根工業高校
チーム名:コマレンジャー「ヒーローショーによる講演」
・岐阜県立岐阜総合学園高等学校
チーム名:マルチメディア部TeamB 「歩きスマホモニタリング」、マルチメディア部TeamD「情報セキュリティすごろく」
【審査員特別賞】1組
・広島学院中学校
チーム名:アルパカ軍団「LINE スタンプの作成」

関連記事(外部サイト)