AppleのiPad用プログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」9/14公開

AppleのiPad用プログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」9/14公開

Swift Playgrounds 実際の操作画面のイメージ

 Appleは9月14日、App StoreでiPad向けの新しいプログラミング学習アプリケーション「Swift Playgrounds」の提供を開始した。プログラム言語「Swift(スウィフト)」を用いて、直感的な操作で誰でも楽しくプログラムの記述方法を学べる。iPadのみで動作し、対応OSはiOS 10以降。

 Swift Playgroundsは、プログラミング経験のない者でもプログラミングに必要な主要な概念を学習するために作成されたアプリケーション。プログラミングに利用される言語は、Appleが開発した「Swift」。Appleの開発者がアプリを開発する際に利用している言語だという。

 アプリではまず、利用したいコースを選択する。パズルを解いたり、提示された課題をクリアしながら、画面に現れる3つのキャラクターをガイドして、Swiftを利用したコーディングの基礎や応用を学べるようになっている。キャラクターをガイドする過程で、命令の出し方や関数の作り方、ループの使い方のほか、条件付きコードや変数といったプログラムの核となる概念をユーザーが学べるように工夫されているため、初心者でも気軽に取り組めそうだ。

 プログラムの記述方法が学べるメイン機能のほか、プログラムの作成を助けるテンプレートも内蔵。土台をもとに自由にコードの追加や変更ができるため、独自のプログラムを作り上げられる。作成したプログラムは、メールやメッセージで共有したり、Web上での公開にも対応している。

 現在公開されているコースは、「LEARN TO CODE 1:Fundamentals of Swift」と「LEARN TO CODE 2:Beyond the Basics」の2つ。各コースをタップし、手順に従って操作する。対応言語は英語のみで、日本語への対応予定は明かされていない。

 Swift Playgroundsのダウンロードは無料。iOS 10以降を搭載したすべてのiPad AirとiPad Proモデル、iPad mini 2以降で利用可能。Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるクレイグ・フェデリギ氏は、アプリの提供開始に際し「次世代のプログラマーにSwift Playgroundsをお届けできることをとても嬉しく思います」とコメント。これまでにアメリカを中心とする100校以上の学校で秋学期からSwift Playgroundsのカリキュラム導入が決定されているといい、Swift Playgroundsを利用した児童、生徒が作るものを見ることが「待ちきれない」と述べている。

関連記事(外部サイト)