小中向けサイエンス&プログラミング教室、10月に新コース開講

小中向けサイエンス&プログラミング教室、10月に新コース開講

科学とプログラミングを一緒に学ぶ

 サイエンスとプログラミングの学びを融合した学習教室「サイエンス&プログラミング教室Laccolla(ラッコラ)」は、10月よりシミュレーションを用いた中級コース「感じる生命コース」を開講する。申込みはWebサイトで受け付けている。

 サイエンスとプログラミングを一緒に学べるラッコラは、サイエンスパートと呼ばれる大学・大学院卒の理系スタッフらが、教科書には載っていないような最先端のサイエンスを提供している学習教室。北海道大学理学部生物学科教授でフリーランスサイエンティストとしても活躍している栃内新先生がサポートしている。独自に開発した教材を用いてシミュレーションによるトライ&エラーを体験でき、サイエンスの面白さとプログラミングの基礎を覚える「初級コース」、より応用的なプログラミングスキルと身につけシミュレーションによる反復実験を体験できる「中級コース」を開講している。

 10月より開講する「感じる生命コース」は、すべての生命体が38億年前から繰り返している刺激と反応の仕組みをサイエンスで学びながら、プログラミングによって自分オリジナルの生命体を作り、画面の中のシャーレで培養する。自分の作る生き物のほか、同じ教室の仲間が作った生き物と共存させ、その変化をシミュレーションすることにより、生き物の多様性を体感できる。

 「感じる生命コース」は、10月15日より隔週で開講される全5回のプログラム。対象は小学3年生〜中学生となっており、定員は16名。入会金は8,640円、コース受講料は2万7,000円(いずれも税込)。申込みはWebサイトより受け付けており、定員になり次第締め切る。

◆ラッコラ「感じる生命コース」
日程:土曜日クラス(隔週土曜日・全5回)9:30〜12:00
※10月15日(土)・29日(土)、11月12日(土)・26日(土)、12月10日(土)
会場:スペースタイム(札幌市北区北十条西4丁目1-9 SCビル1階)
対象:小学3年生〜中学生
※条件は、初級に1回以上参加経験があり、「改造レシピ」を自分1人で取り組めること
料金(税込):入会金8,640円、コース受講料2万7,000円(全5回分)
定員:16名
※ラッコラでは、初級コース「葉っぱコース」でも受講生を募集している

関連記事(外部サイト)