小中高生オンライン塾「個別指導塾 同立ネット」10/5スタート

小中高生オンライン塾「個別指導塾 同立ネット」10/5スタート

SOBAスクールでの個別指導のイメージ

 Web会議システムを開発・販売するSOBAプロジェクトと教育支援事業を行うNT教育研究所は、ICTを活用し、リアルタイムで先生と生徒が顔を見て会話しその場で指導できる遠隔教育事業「個別指導塾 同立ネット」を10月5日から開始する。対象は、小学生〜高校生。料金は、1授業1,500円、月6,000円から。

 「個別指導塾 同立ネット」では、NT教育研究所は教育支援サービスの運営全般を、SOBAプロジェクトは遠隔教育システムの開発・管理・システムサポートを担う。少子化が加速し、子どもの貧困や都市と地方の地域環境から生まれる「教育格差」という日本の社会課題への対応に共同で取り組む。

 「個別指導塾 同立ネット」では、生徒は自宅からPCやタブレット端末を使ってオンラインで個別指導を受けることができる。講師は京都を中心に大学生・大学院生150名が全国の生徒の学びを全面サポートする。オンライン学習の生徒を対象とした夏休みと冬休みの合宿を開催する予定で、リアルとバーチャルを融合した指導により教育効果を高めるという。

 今後は、全国の書店やカフェ、家電量販店などと提携し、店頭にPCやタブレットを設置し、PCやタブレットのない生徒も遠隔授業が受けられる環境を整え、事業開始から2年以内に生徒数1,000人を目指すという。そのほかにも、音楽教室や体操教室などの遠隔学習の開始、遠隔授業の学習相談ができるサロンの設置、進路指導など学校との連携などさまざまな展開目標があるという。

◆個別指導塾 同立ネット
事業開始日:2016年10月5日(水)
対象:小学生〜高校生
料金体系:1授業1,500円、月6,000円から

関連記事(外部サイト)