学研プラス、「マイクラ」プログラミングワークショップ10/9・16

学研プラス、「マイクラ」プログラミングワークショップ10/9・16

「マインクラフト」プログラミングワークショップ

 学研プラスは、「Minecraft(マインクラフト、通称マイクラ)」を使った小中学生向けのプログラミングワークショップを10月9日・16日に紀伊国屋書店・玉川高島屋店で開催する。定員は各日10組20名で、応募者多数の場合は抽選となる。参加は無料。応募はWebサイトから申し込む。

 経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人のIT人材が不足すると予測される。こうした状況を受け、政府は2020年を目標にプログラミングの必修化を検討しているが、学研プラスによれば、プログラミング学習への認識や理解はまだまだ高くない。

 しかし、学研プラスはプログラミングスキルが子どもの将来の選択肢を増やすとし、これまでに複数のプログラミングワークショップを開催してきたという。

 今回のワークショップでは、「Hour of Code With Minecraft」というツールを使用し、マインクラフトのキャラクターを操作しながらプログラミングの基礎を学ぶ。会場は紀伊国屋書店・玉川高島屋店 CURIO FACTORY。小学1年生〜中学3年生なら誰でも無料で参加できる。定員は、10月9日・16日ともに各日10組20名。

 3〜4人の子どもに対して1人以上の講師がつく少人数制で実施し、タブレットによるタッチ操作のみでプログラミングできるため、パソコンを使ったことのない子どもでも楽しみながら学習できる。プログラミングで何ができるのか、なぜ将来の役に立つのか、その一端を理解する機会となりそうだ。

◆「マインクラフト」プログラミングワークショップ
開催日:2016年10月9日(日)/10月16日(日)
開催時間:各日14:00〜16:00
開催場所:紀伊国屋書店・玉川高島屋店 CURIO FACTORY(世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋ショッピングセンター南館5F)
参加費:無料
参加資格:小学1年生〜中学3年生 ※保護者の送り迎えが必要
定員:各日10組20名 ※応募者多数の場合は抽選(抽選結果は、参加希望日2日前24:00までに入力したメールアドレスに連絡する)
申込方法:Webサイトの申込みフォームから申し込む

関連記事(外部サイト)