2016年国内モバイルデバイス市場、第2四半期の出荷台数は微減

2016年国内モバイルデバイス市場、第2四半期の出荷台数は微減

国内モバイルデバイス市場出荷台数予測(2015〜2020年)

 IDC Japanは10月4日、「2016年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測」を発表した。2016年第2四半期の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比0.1%減の1,064万台。2016年通年では前年比4.6%減の4,571万台で、家庭・ビジネス市場ともマイナス成長の予測だ。

  2016年第2四半期(4〜6月)の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比0.1%減の1,064万台。スマートフォン市場はアップルのiPhoneの出荷が底支えして前年同期比1.2%増、タブレットはファーウェイなど通信事業者向け出荷が増えて前年同期比5.8%増と、いずれもプラス成長となった。

 パソコンは、家庭市場向けがマイナス成長となったが、ビジネス市場向けは当初2016年10月末に予定されていたWindows7搭載パソコンの最終出荷に向けて大きく出荷を伸ばした。国内モバイルデバイス市場全体では前年並みであったが、ビジネス市場向けはパソコンの出荷が進んだことで前年同期比4.1%のプラス成長となった。

  2016年通年の国内モバイルデバイス市場は、前年比4.6%減の4,571万台の予測。このうち、家庭市場向け出荷は前年比5.6%減の3,543万台、ビジネス市場向け出荷は前年比1.0%減の1,028万台の予測。また、パソコン市場、タブレット市場、スマートフォン市場のいずれも前年比マイナス成長と予測されている。

 パソコン市場は、Windows7搭載パソコンの最終出荷期限が延期されたことから、企業の需要が高まらず、家庭市場でも購買促進の要素が少なく、前年をやや下回る出荷予測。タブレット市場は、市場を支えてきたB2B2C案件が今後減少する予測のほか、家庭市場でもWi-Fiモデルを中心にキラーアプリケーション不在が続き、大型スマートフォンとの競合が影響。

 スマートフォン市場は、ビジネス市場向けは企業向け携帯電話のスマートフォン切り替えが進むことからプラス成長となるが、家庭市場向けは通信事業者のキャンペーン抑制からマイナス成長の予測となっている。

 詳細は、IDC発行の「国内モバイルデバイス市場 2016年第2四半期の分析と2016年〜2020年の予測」で報告されている。

関連記事(外部サイト)