無線不正侵入を検知・防御、無線LANアクセスポイント発売

無線不正侵入を検知・防御、無線LANアクセスポイント発売

NA1000W/NA1000A

 NECプラットフォームズは10月6日、学校ICTや中小規模の流通・サービス業などに向け、無線不正侵入を検知・防御するWireless Intrusion Prevention System(WIPS)機能付き無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」を発売した。

 SMBオフィスや中小規模の流通・サービス業、学校ICT向けの無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」は、米国国防総省や金融機関への導入実績があり、業界トップクラスのWIPS性能を持つ米国Mojo Networks社の特許技術を、国内メーカーとして初めて採用。無線不正侵入の検知・防御することで情報漏えいを防ぎ、安心して無線LANネットワークを使用できるという。

 管理コンソールの利用により、複数のアクセスポイントの一括設定や不正検知を「見える化」するなど、効率的な管理・運用を実現。さらに、導入済みのアクセスポイントにもWIPS機能をアドオンすることで、WIPS機能を用いた強固な無線LANセキュリティ環境を低コストで構築できる。IEEE802.11acに対応しており、高速で安定した通信を実現する。

 NECプラットフォームズでは、3年間で約5万台の販売を目標としている。

◆無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」
【WIPS全機能搭載 無線LANアクセスポイント NA1000W】
型番:ZB-NA1000W
価格:93,000円(税別)
出荷開始日:10月末

【WIPS一部機能搭載 無線LANアクセスポイント NA1000A】
型番:ZB-NA1000A
価格:68,000円(税別)
出荷開始日:10月末

【管理コンソール(ソフトウェア媒体)】
型番:ZB-NA10SW
価格:120,000円(税別)
出荷開始日:10月末
※アクセスポイント10台ライセンス付き

関連記事(外部サイト)