小中学生向けの動画が約1,500本、Z会がEdmodoで配信開始

小中学生向けの動画が約1,500本、Z会がEdmodoで配信開始

Edmodo Spotlight

 Z会グループは、業務提携するEdmodoが運営する教育向けSNS「Edmodo」でeboardの小中学生向け動画コンテンツを配信すると発表した。小中学生向けの約1,500本の動画の中から、気に入った動画を生徒に配信できる。

 Edmodoは、いつでもどこでも活用できる無料のコミュニケーションツール。Z会はこれまで、Edmodo Spotlightにて、通信教育で提供している情報誌の一部コンテンツを配信。インターネットを活用した検索やグループで意見交換する活動など、ICTと相性の良いコンテンツを選択して配信している。

 新たに配信されるのは、「学びをあきらめない社会の実現」をミッションに掲げるeboardの動画コンテンツ。eboardは、子どもたちを取り巻く教育・学習課題の解決を目指しており、学習サイトeboardの開発・運営を行っている。

 動画コンテンツは、Edmodo内のマーケットプレイス「Spotlight」で配信される。約1,500本の動画の中から、気に入った動画をEdmodoにダウンロードし、ダウンロードした動画をEdmodo上で生徒に配信できる。

 現在、Edmodoは団体や企業などのコンテンツを中心に教材の提供を行っているが、今後は全国の先生による自作の教材をやりとりできるような場としても活用できるよう検討しているという。

関連記事(外部サイト)