AI型タブレット教材Qubena「STEM教育コース」開講8/1

AI型タブレット教材Qubena「STEM教育コース」開講8/1

Qubenaアカデミー STEM教育コース

 人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは、8月1日より「STEM教育コース」を本格的に開始すると発表した。対象は小学4年生〜中学3年生。Qubenaアカデミーにて、Qubenaの授業とセットで展開する。

 Qubenaは、生徒がタブレットに入力する解答、解答プロセス、スピード、理解度などのあらゆる情報を収集、蓄積、解析し、指導内容を個人に最適化させるという、算数・数学の人工知能型タブレット教材。ティーチング(学習指導)を人工知能が担当し、教師は生徒のモチベーション管理や生活指導を行う「コーチング」に専念できる、という新たな教育スタイルを実現し、教師の人材不足解消や、既存の学習効率を上げることに効果を見せているという。

 現在、世界各国では産業の中心を担う理系分野の人材育成、特に「STEM教育」が注目を集めている。「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の4分野を互いに関連づけて学ぶべきだ」という考えに基づき開発された教育プログラムで、日本でも各分野で教材開発や教育システムの導入が注目されているが、まだまだSTEM教育を横断的に学べる環境は少ないのが実情だという。

 そうした背景の中、「未来を生き抜く子どもたち」を育てる取組みの一環として、このたびQubenaアカデミーに独自の「STEM教育コース」を開設する。Qubenaによる算数・数学の基礎授業とSTEM教育の授業をセットで行う形式で、6か月の初級コースと12か月の中級コースを設ける。

 Qubenaアカデミーでは、Webサイトで問合せを受け付けているほか、無料体験の予約も受け付けている。COMPASSは、STEM教育コースの受講生が、2018年のWorld Robot Olympiad、もしくは類似のロボットコンテストで入賞することを目標に教育を展開していくという。

◆Qubenaアカデミー「STEM教育コース」
場所:東京都世田谷区太子堂2-15-1 野村三軒茶屋ビル5F(COMPASS内併設)
対象:小学生4年生〜中学3年生
学習形式:Qubenaの授業とのセット形式
・基礎学習:Qubena 1コマ50分、月に8回
・STEM学習:1コマ100分、隔週(月に2回)
コース:初級12コマ(6か月)/中級24コマ(12か月)
※プログラミング初心者は初級コースからのスタートがお勧め
価格:小学生20,800円(税別)/中学生:25,800円(税別)
問合せ:Webサイトにて受け付ける

関連記事(外部サイト)