第2回「全国小中学生プログラミング大会」作品応募は9/15まで

第2回「全国小中学生プログラミング大会」作品応募は9/15まで

第2回 全国小中学生プログラミング大会

 角川アスキー総合研究所、UEI、CANVASが構成する全国小中学生プログラミング大会実行委員会は、朝日新聞社と「第2回 全国小中学生プログラミング大会」を開催する。第2回大会のテーマは「こんなのあったらいいな」。作品応募は8月1日〜9月15日まで受け付けている。

 「全国小中学生プログラミング大会」は、角川アスキー総合研究所、UEI、CANVASの3者が構成する「全国小中学生プログラミング大会実行員会」が主催するプログラミングコンテスト。2016年に初めて開催され、今回で2回目を迎える。

 第2回大会のテーマは「こんなのあったらいいな」。私たちの生活を変えていくのに「こんなのあったらいいな」と思うものを、自由な発想でプログラミングした作品を募集する。

 応募資格は、日本在住の6歳以上15歳以下の小中学生。応募は、9月15日までWebサイトより受け付けている。応募費は無料だが、応募までにかかる費用は自己負担となる。

 作品は、すべてオリジナルでプログラミングしたもの、または自身による改良に限る。PC・スマートフォン・タブレットで動作するプログラムやアプリ、ゲーム、ムービーなどのソフトウェア、ロボットや電子工作などのハードウェアであれば形式は問わない。

 応募可能なプログラミング言語の例として、「Scratch(スクラッチ)」や「VISCUIT(ビスケット)」「プログラミン」「MOONBlock(ムーンブロック)」「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」「LEGO MINDSTORMS(レゴ マインドストーム)」があげられているが、このほかの言語でも応募可能。

 応募作品は「発想力」「表現力」「技術力」の観点から審査され、11月中旬に入選作品が発表される。入選作品には賞状や副賞が贈られる。

◆第2回 全国小中学生プログラミング大会
テーマ:こんなのあったらいいな
募集内容:PC・スマートフォン・タブレットで動作するプログラムやアプリ、ゲーム、ムービーなどのソフトウェア、ロボットや電子工作などのハードウェアであれば形式は問わない
※すべてオリジナルでプログラミングしたもの、または自身による改良に限る
応募資格:日本国在住の6歳以上15歳以下の小学生・中学生
応募費:無料(応募にかかる費用は自己負担)
応募期間:2017年8月1日(火)〜9月15日(金)
応募方法:Webサイトより受け付けている
※詳細は、Webサイトで確認できる

関連記事(外部サイト)