新宿マルイ アネックスで8月7日からビットコインで買い物ができる=bitFlyerがサービス提供

新宿マルイ アネックスで8月7日からビットコインで買い物ができる=bitFlyerがサービス提供

日本で最大のビットコイン・ブロックチェーン企業であるbitFlyer(本社:東京・港区、代表取締役:加納祐三)は、8月7日から丸井グループの新宿マルイ アネックスでビットコイン決済サービスを提供開始する。決済サービス導入期間は10月31日まで。(写真は、新宿マルイ アネックス)

 日本で最大のビットコイン・ブロックチェーン企業であるbitFlyer(本社:東京・港区、代表取締役:加納祐三)は、8月7日から丸井グループの新宿マルイ アネックスでビットコイン決済サービスを提供開始する。決済サービス導入期間は10月31日まで。「bitFlyerウォレット」を使って1会計につき10万円相当までのビットコインで支払が可能になる。支払いはQRコードが表示された店舗タブレットの画面をスマートフォンのカメラで読み取ることで、数秒間で決済が完了する。(写真は、新宿マルイ アネックス)

 「bitFlyerウォレット」は、ビットコイン取引所bitFlyerが提供するスマートフォンアプリで、ビットコインの送金/受取・購入・取引・保管が簡単に安全にできる。iOS、Androidの両OSに対応している。

 今回のビットコイン決済サービスの導入記念キャンペーンとしてビットコイン決済を税込3000円以上決済した人を対象に、8月〜10月まで毎月抽選で10名に3000円相当のビットコインをプレゼントする。

 bitFlyerは、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメント、三井住友海上キャピタル、リクルートストラテジックパートナーズ、などから出資を受けている国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業。フィンテックの領域において、仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発を通じたイノベーションを目指し、仮想通貨販売所・取引所、ビットコイン決済サービスなどを提供する仮想通貨総合プラットフォームbitFlyerの運営、および、ブロックチェーンの調査・分析、ブロックチェーンを活用した新サービスの研究開発を行っている。