韓国で始まった「5G」サービス、多くの韓国人ユーザーは「失望したようだ」=中国メディア

韓国の「5G」サービスに多くの韓国人ユーザーが失望 「4Gより遅い」といった声も

記事まとめ

  • 韓国で5G(第5世代移動通信システム)による通信サービスの開始が発表された
  • 米国と同じタイミングで5Gの提供を始めた韓国だが、消費者から不満の声が上がっている
  • 利用するには高額な料金を支払わなければならず、「4Gより遅い」と言った声も聞かれた

韓国で始まった「5G」サービス、多くの韓国人ユーザーは「失望したようだ」=中国メディア

韓国で始まった「5G」サービス、多くの韓国人ユーザーは「失望したようだ」=中国メディア

米国とほぼ同じタイミングで5Gの提供を始めた韓国だが、現在はまだ安定したサービスは提供できていないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 韓国で5G(第5世代移動通信システム)による通信サービスが始まった。総務省によれば、5Gは超高速かつ大容量の通信が可能であり、「4Gまでが基本的に人と人とのコミュニケーションを行うためのツールとして発展してきたのに対し、5Gはあらゆるモノ・人などが繋がるIoT時代の新たなコミュニケーションツールとしての役割を果たすこととなる」という。

 米国とほぼ同じタイミングで5Gの提供を始めた韓国だが、現在はまだ安定したサービスは提供できていないようだ。中国の国営テレビ局である中国中央電視台(CCTV)は10日、韓国は世界に先駆けて5Gサービスを提供し始めたと伝える一方、「サービスの質が十分ではないとして消費者の間で不満の声があがっている」と伝えた。

 記事は、韓国では5日から一般ユーザーを対象に5Gサービスの提供を開始したと紹介、韓国国内では「5Gの到来に、多くのユーザーが興奮している」といった報道がなされたと伝えた。対応スマホを持つユーザーたちの多くが実際に5Gに接続し、5Gを体験したという。

 一方で記事は、多くの韓国人ユーザーは「始まったばかりの5Gに失望したようだ」と伝え、最新の高額なスマホでなければ5Gを使えないうえに、5Gを利用するには高額な料金を支払わなければなないからだと指摘。なかには「5Gの速度は4Gより遅い」といった声もあがったと伝え、しかも「ソウルの中心地ですら、5Gの速度が4Gより遅かった」と紹介した。

 事実、韓国メディアの記者がソウル市内で5Gの速度を測定したところ、5Gの電波は確かに受信できたが、下りの速度は謳い文句より明らかに遅かったと紹介。多くの利用客が行き交うソウル市内の江南でも同様で、階段を降りていくうちに5Gの信号は途切れ、4Gに切り替わってしまったと伝え、まだ始まったばかりとあって高速かつ安定した5Gサービスは提供できていないことを紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)