日中における自動車の差は、消費者の成熟度の差でもある=中国メディア

日中における自動車の差は、消費者の成熟度の差でもある=中国メディア

現在中国では生活環境の向上に伴って多くの家庭で自動車を購入しており、車のタイプでは大型のSUVが、トランスミッションではマニュアルが好まれる傾向にある。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は12日、日本人消費者の自動車購入に対する考え方と、中国人消費者の考え方の違いが、そのまま日系車と中国国産車の差になって表れているとする記事を掲載した。

 記事は、現在中国では生活環境の向上に伴って多くの家庭で自動車を購入しており、車のタイプでは大型のSUVが、トランスミッションではマニュアルが好まれる傾向にあるほか、電気自動車が急速に普及しつつあるものの、それでもガソリン車に対して根強い支持があると紹介。そのうえで、自動車工業技術が大きく発展している日本の消費者は、中国人とは全く異なる考え方を持っているとした。

 まず、日本では中国人が大好きな大型のSUV車の保有台数が少ないとし、その理由について「日本の道路はきれいに整備されており、そこまで高い悪路走行性能を必要としないうえ、ボディの大きさが空気抵抗を生むことで燃費が悪くなる」と説明した。

 続いては、日本で純粋なガソリン車からハイブリッド車への置き換えが進んでいる点に言及。今や街を走る乗用車の半分くらいはハイブリッド車になっているとし、その燃費の良さと走行性能の高さに日本のメーカーと消費者が注目した結果だと伝えた。一方で、中国では技術が成熟していないうえ、消費者の考え方も古いことから、ハイブリッド車が浸透していないとしている。

 さらに、中国ではなおも多く見かけるマニュアル車が、日本ではほとんど見られなくなったことも指摘。「日本人は走る楽しみよりも実用性を一層重視するようになっている。また、自動変速機や新たな駆動システムの開発、発展に伴い、特にハイブリッド技術の発展により、マニュアル車が持つ経済的なアドバンテージが大きく縮小されたことも要因だ」と解説した。

 記事は、最後に「日本人の買う自動車と、中国人が買う自動車は、おおむね対極的な関係にある。この違いが、国産車と日系車の差になって表れているのかもしれない」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)