わが国の自動車産業はなぜいまだに日本に追いつけないのか=中国メディア

わが国の自動車産業はなぜいまだに日本に追いつけないのか=中国メディア

中国メディアは、中国車と日系車を比較する記事を掲載し、「競争力は縮小傾向にあるものの、その差は依然として大きい」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 世界最大の自動車大国となった中国。近年は中国車の品質もずいぶん向上していると言われるが、日本車やドイツ車などに比べると競争力の差は今なお大きい。中国メディアの捜狐は5日、中国車と日系車を比較する記事を掲載し、「競争力は縮小傾向にあるものの、その差は依然として大きい」と伝えた。

 記事はまず、中国では多くの消費者がマイカーを所有するようになり、中国は本格的な車社会を迎えたと指摘、同時に中国車メーカーも技術を向上させているものの、ドイツメーカーや日本メーカー、さらには韓国メーカーにはまだ実力は到底及ばず、中国車は今なお故障や不具合が多く発生するのが現状であると伝えた。

 続けて、中国車と日系車のどこが異なっているのかを考察し、中国と日本の工業はほぼ同時期に近代化に向けて歩み始めたものの、日本が西欧諸国から技術を学びながら急激な進歩を遂げる一方で、中国は国内の政治的要因などによって日本のような成長ができなかったと指摘。政治的要因とは文化大革命や大躍進の失敗などを指していると思われるが、これによって日本との差は非常に大きくなってしまい、自動車分野においてはいまだに差を埋められずにいると分析した。

 また、日本は民間企業が独自に研究開発を行い、競争のもとでより良い製品作りを行ってきたと指摘する一方、中国は当初、国家が自動車作りのノウハウを管理し、民間企業に自動車生産を許してこなかったことも自動車産業の成長を阻害する結果になったと指摘し、こうした要因が今日における日系車と中国車の競争力の差につながっているのではないかと考察した。

 近年は中国メーカーも独自に研究開発を行い、そこそこ良い車を生産できるようになっており、国外に輸出できるまでになっている。日系車と中国車を比較した場合、新車のときの性能には大きな差はないかもしれないが、中国車は時間の経過と共に不具合が生じて来やすい。それゆえ日系車と中国車の差は「縮まってきてはいるものの、まだ大きい」というのが現状であろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)