血圧測定、非接触のセンサーで…北九大が開発

 北九州市立大は13日、電波を使った非接触式の血圧測定センサーを開発したと発表した。1拍ごとに変動する血圧を連続測定することが可能で、家庭用の計測器として1年後の実用化を目指している。

 血圧は生活環境やストレスによって変動しやすく、腕に装着して計測する「カフ式血圧計」での測定では、1拍ごとに正確な血圧の状態を把握するのは難しいという。

 同大国際環境工学部の梶原昭博特命教授(電波応用工学)が開発したセンサーは、縦5センチ、横4センチ、厚さ0・5センチ。「ミリ波」と呼ばれる電波を使って、心臓の動きを胸部の0・1〜0・5ミリのわずかな動きから捉え、呼吸や心拍変動を測定して血圧を推定する仕組みとなっている。

 測定者に接触せずに日常の状態で血圧を測ることが可能で、動いている状態でも使えるほか、複数人でも同時に計測できるのが特徴。最大で7メートル離れていても測定できるという。

 センサーを実用化して家庭で使えるようになれば、急激な血圧変動による心筋梗塞(こうそく)などが発症しやすい浴室など、様々な生活場面で血圧を「見える化」することが可能になるという。

 この日、北九州市役所で記者会見した梶原特命教授は「1日の血圧の変動を見ることで、健康状態の把握や管理につなげることができる。今後はセンサーの精度を上げ、幅広い臨床応用の実現も目指していきたい」と意欲を示した。

関連記事(外部サイト)