福島第一3号機の未使用燃料4本、輸送容器収納

3号機 未使用燃料4本を収納

 東京電力は15日、福島第一原子力発電所3号機の使用済み核燃料貯蔵プールの燃料566本のうち、未使用燃料4本を輸送容器に収納したと発表した。今後3本を追加した後、容器を取り出して、約200メートル離れた安全な「共用プール」に移送する。

 2011年3月に炉心溶融(メルトダウン)が起きた同原発1〜3号機で、プールの燃料を動かすのは今回が初めて。現場は放射線量が高く、長時間の作業はできないため、約500メートル離れた場所から機器を遠隔操作した。

 プール内のラックに立つ棒状の燃料(長さ約4・5メートル、重さ約250キロ・グラム)を、燃料取り扱い機で1本ずつつかんで引き上げ、1本あたり約1時間かけて水中で輸送容器に収納した。

 1〜3号機には、溶融燃料と炉内構造物が混ざった核燃料デブリとは別に、原子炉建屋最上階のプールに計1573本の燃料が残ったままになっている。

 3号機のプールの566本のうち使用済みの514本からは、今も熱と放射線が出ている。52本は未使用。再び大地震に襲われて燃料が損傷するリスクなどがあるため、東電は20年度末までに566本すべてを共用プールに移すことにしている。その後、1、2号機のプールの燃料も共用プールに移す。

 政府は当初、3号機のプールの燃料取り出しを14年末に始める予定にしていたが、除染などに時間がかかったほか、機器のトラブルも相次ぎ、4年以上遅れた。