エプソン、有機EL採用の小型軽量・高性能スマートグラス発表

 エプソンは29日、独自開発のシリコンOLED(有機EL)ディスプレイを採用し、小型・軽量化、高輝度、高コンストラスト、高解像度、高画質化を実現した第3世代スマートグラスを「MOVERIO(モベリオ)BT-300」を発表した。発売は11月30日から。なお、商用モデルの「BT-350」、業務用モデルの「BT-2200」は2017年2月から発売予定。

 新製品の「BT-300」と「BT-350」は、光学エンジンにエプソン独自の0.43型の超小型な高精細カラーのシリコンOLEDディスプレイを採用。従来品のコントラストでは実現ができなかった「スクリーン感(表示枠)を意識させない映像表現」とリアルな色再現を可能にしている。視野の中の映像・情報が境目なく表示され、視野と一体化した「リアルなAR(拡張現実)表現」が可能になったという。

 「RT300」は、一般用途向けモデル。両眼・シースルーなので、映像を楽しみながら同時に周囲の状況も確認できる。また、スマートフォン、タブレットのコンテンツやホームネットワーク上のHDDレコーダーに録画した番組を宅内や宅外で視聴をしたり、ポータブルDVDドライブと無線接続してDVDコンテンツを楽しんだりできる。

 「BT350」は「BT-300」をベースに、商用向けに堅ろう性や装着性を最適化し、操作性と運用面の機能を強化したモデル。「BT-2200」は、視認性の良い両眼・シースルー構造と安定した装着感を実現したヘッドセットタイプで、製造業などの業務用モデル。

(阪木朱玲)

関連記事(外部サイト)