シャープ技術の育毛効果実証

シャープ、プラズマクラスターに頭皮環境改善・育毛効果を実証

 シャープは13日、プラズマクラスター技術に頭皮のバリア機能を向上(頭皮環境改善)させて育毛効果があることを実証したと発表した。

 実証による確認は、HARG治療センター 新宿桜花クリニックで、臨床試験専用イオン発生装置(イオン濃度約150万個/立方センチ)を用いて育毛治療を受けている患者に対して行われた。被験者は20から70歳代の男女115人で、結果は試験期間3カ月で増毛本数が約2.5倍に増えていた。

 さらに、一般女性を対象に臨床試験専用理美容試験装置(イオン濃度約330万個/立方センチ)を用いて、頭皮のバリア機能向上と皮脂抑制効果、フケ・かゆみ原因菌の抑制効果も確認した。

 多くの被験者が「髪がボリュームアップした」「頭皮のかゆみが気にならなくなった」などの実感を得ていたという。

(阪木朱玲)

関連記事(外部サイト)