ツイッタークライアント「ついっぷる」10月末日サービス終了

ツイッタークライアント「ついっぷる」10月末日サービス終了

ツイッターの関連サービスは多種存在するが、既に消えていったものも多い。

 インターネットサービスプロバイダなどを手がけるビッグローブは、同社が運営する、SNS「ツイッター」向けのクライアントサービス&アプリケーションである「ついっぷる」のサービス提供を、今年10月31日をもって終了すると発表した。

【こちらも】KDDI、ISPのビッグローブを総額800億円で子会社化

 ついっぷるは、2009年12月にパソコン用のクライアントサービス「ツイっぷる」としてスタート(名前はのちについっぷるに改称)した、ツイッター界隈では古参といえるサービスである(ちなみに、ツイッターの運営開始は2006年7月、日本語版の登場は2008年4月)。

 終了となるサービスは以下の通り。

■Webクライアント版

 ・ついっぷるWeb PC版 (新デザイン/旧デザイン)

 ・ついっぷるWeb スマートフォン版

 ・ついっぷるWeb タブレット版

 ・ついっぷるWeb オフィス版

■アプリクライアント版

 ・ついっぷる iPhone (AppStore)

 ・ついっぷる iPad (AppStore)

 ・ついっぷる Android (GooglePlay)

 ・ついっぷる Android Pro auスマートパス版

■画像サービス/その他

 ・ついっぷるフォト

 ・ついっぷるアルバム

 ・ついっぷるフレンズ

 ツイッターの投稿そのものは、ついっぷるにせよ他のクライアントソフトにせよ、あくまでも中継しているだけであるから、ついっぷるの消滅によって元ついっぷるユーザーがツイッターのサービスを利用できなくなるというようなことはない。

 しかし問題は、外部サービスであるついっぷるフォトである。ついっぷるフォトとは、ツイッター上でツイート(書き込み)に添付するための画像を置く、クラウドサービスの一種だ。こちらのデータは消滅が予定されている。10月31日13:00に投稿受付停止、11月30日に閲覧停止であるという。

 既に投稿済みの画像は、専用の一括ダウンロードページ(http://p.twipple.jp/download)に、ツイッターアカウントでログインすることでダウンロードすることができる。消されたくない画像のある方は、(現状、サーバーがパンク状態でアクセス困難となってはいるが)お早めに回収しておくことをお勧めする。

(藤沢文太)

関連記事(外部サイト)