ニコニコ動画とFREETELがコラボした「ニコニコSIM(仮)」登場

ニコニコ動画とFREETELがコラボした「ニコニコSIM(仮)」登場

ロゴとパッケージ。(プラスワン・マーケティングの発表資料より)

 ニコニコ動画を提供するドワンゴと、SIMフリーキャリアのFREETELがコラボしたSIMカード「ニコニコSIM(仮) powered by FREETEL」のオンライン販売が、20日より開始された。このSIMカードは月額499円の基本料金と、動画サービス「niconico」のプレミアム会員費月額500円(いずれも税別、以下同)を組み合わせたもので、利用するためにはニコニコ動画へのプレミアム会員入会が必須だ。利用1年目はプレミアム会員費が無料となり、SNSカウントフリーも採用されている。

【こちらも】ニコニコ動画の有料会員、最盛期から9万人減少

■1年目は基本料金月額499円のみで利用可能

 公式サイトの情報によると、「ニコニコSIM(仮) powered by FREETEL」(以下、ニコニコSIM(仮))は、ニコニコのためのニコニコ専用SIMカードとうたわれている。ニコニコSIM(仮)に対応している手持ちのスマホ、または新規に購入したSIMフリーのスマホに差し込むだけで利用可能。基本料金はデータ使用のみのプランで月額499円(税別)から。これは数ある格安スマホを提供している会社のプランの中でも低価格となる。

 気をつけたい点は、ニコニコ専用SIMとうたっているだけあり、ニコニコプレミアム会員への登録が必須という点。プレミアム会員のみを解約、もしくは通信回線のみを解約といったことはできない。あくまで通信回線+プレミアム会員にセットで加入することが条件だが、1年目はプレミア会員の会員費500円が無料となるため、月額499円のみでニコニコSIMとプレミアム会員の両方が利用できる。

■すべてのプランでLINEとポケモンGOがカウントフリーに

 ニコニコSIM(仮)のプランには「データ」「データ+SMS」「音声(データ/SMS付)」が用意されている。基本料金は1年目の場合プレミアム会員費が無料のため「データ」が1GBで499円、3GBで900円、5GBで1520円、10GBで2470円だ。2年目以降からは1年目の料金に毎月500円が上乗せされる。

 基本料金が安いだけでなく格安スマホでは浸透しつつあるカウントフリーも採用され、すべてのプランでLINEとポケモンGOの通信料、そしてApp Storeでのアプリダウンロードにかかるパケット通信はデータ使用量にカウントされない。

 カウントフリーは3GB以上のプランで契約をすると、さらにFacebook、Twitter、Instagram、Messengerの通信料が無料になる。SNSをよく使う人には嬉しい機能だ。ただ、肝心のニコニコ動画を視聴する際にかかるパケット通信料はカウントフリーになるようなプランはない。

 ニコニコ専用SIMではあるが、他社の格安スマホと比較してニコニコ動画視聴に関して有利な点は、1年目のプレミアム会員費無料くらいだ。2年目以降の料金は決して安いとは言えない。しかし格安スマホにすることで月々のスマホ代が下がり、さらに1年目のプレミアム会員費が無料になることは、ニコニコユーザーへの格安スマホ普及の足がかりになるかもしれない。

■生放送による謎解きゲームでニコニコSIM(仮)を披露

 ニコニコ動画では発売を記念し、6月25日(日)20時より「ニコニコSIM(仮)発売記念 謎解きゲーム“1GBからの脱出” 」が生放送される。制限時間2時間16分32秒(ユーザー生放送実施の際のデータ通信量1GBに相当する時間)の間に、ニコニコSIM(仮)を使い脱出に挑むゲームで、使い勝手の参考にもなる企画だ。

 なお、6月30日までに契約すると、SIMカードを外すための「ニコニコSIM(仮)オリジナルSIMピン」がプレゼントされる。

関連記事(外部サイト)