JAXA、「亀田の柿の種」を宇宙食に採用

JAXA、「亀田の柿の種」を宇宙食に採用

専用のパックに入った「亀田の柿の種」(左)と、JAXAが開発したフィルムに包まれた宇宙食サンプル。(画像:亀田製菓発表資料より)

 亀田製菓は、同社のロングセラー商品である「亀田の柿の種」が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙日本食としての認証を受けたと発表した。

【こちらも】長期間の宇宙滞在、腸内細菌のバランス変化、多様性には変化なし

 宇宙日本食とは、国際宇宙ステーションに長期滞在する日本人宇宙飛行士向けの、日本食の味や食感を楽しむことを目的とした宇宙食である。和食に限定されているわけではなく、麺類、カレーなどでも指定を受けている製品がある。

 今後、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している日本の宇宙飛行士が、宇宙でおやつとして食べられるように提供される見通し。

 2016年に発売から50周年を迎えた、「亀田の柿の種」であるが、亀田製菓が、これを宇宙日本食とすべく研究開発を開始したのは2014年のことである。それから3年を経て、亀田製菓の設立60周年でもある2017年に、晴れて宇宙日本食の認証(JAXA認証No-JD011)を取得したというわけだ。

 なお、宇宙日本食としてのフィルムパウチ包装の「亀田の柿の種」は、現在のところ市販される予定はないとのこと。

 正式な登録情報は以下の通りとなる。

■品名(和文/英文)

 米菓(柿の種ピーナッツ入り)/Rice Crackers(Kakinotane with peanuts)

■賞味期限

 1年6カ月

■内容量

 合計35.0グラム(柿の種6:ピーナッツ4)

■内容物

 市販されている「亀田の柿の種」と原料・製法を同じくするもの(一部、使用設備などは異なる)

■包材

 90ミリメートル×90ミリメートル×40ミリメートルのトレー入り。トレーの蓋と外側の底にベルクロがついていて、繰り返しの開封を行ったり、固定された場所にくっつけることができる。

(藤沢文太)

関連記事(外部サイト)