1.0型CMOSセンサー搭載の旋回型4Kカメラ……ソニー

1.0型CMOSセンサー搭載の旋回型4Kカメラ……ソニー

広角29.0mm,全画素超解像24倍ズームのZEISSレンズを搭載し、旋回型カメラながらボケ味のある映像を撮影することが可能となっている(画像はプレスリリースより)

 ソニーは9日、旋回型カラービデオカメラ4Kモデル「BRC-X1000」と、HDモデル「BRC-H800」を、2017年1月に発売することを発表した。1.0型Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載している点が大きな特徴となる。

 同製品は、ホールや式場などでの撮影用途や、音楽ライブなどの4Kライブ映像制作などでの利用を想定したモデルで、HDモデルも用意されている。将来的に4K化を見据えたシステムでの導入にも対応可能とのこと。

 同製品の特徴となる1.0型Exmor R CMOSイメージセンサーは、受光面積が大きく、高感度とボケ味のある映像を両立する。

 レンズは35mm換算で広角29.0mm、光学12倍ズームのZEISS「バリオゾナーT」レンズを搭載する。全画素超解像18倍/24倍ズームにより、望遠696mmまでの広範囲撮影に対応する。

 4Kモデルは2系統の3G-SDI×2とHDMIの2種類の4K出力端子を搭載。PoE+での給電動作も可能としている。

 価格はオープン価格。市場推定価格は、旋回型4Kカラービデオカメラ「BRC-X1000」が1,000,000円前後、旋回型HDカラービデオカメラ「BRC-H800」が800,000円前後となるそうだ。

関連記事(外部サイト)