ソフトバンクが低消費電力でIoTを実現する「LoRaWAN」を提供

ソフトバンクが低消費電力でIoTを実現する「LoRaWAN」を提供

「LoRaWAN」は省電力のためバッテリー寿命は10年以上で、通信モジュールも1個あたり数百円と低コストな点なども特徴としている。ソフトバンクは自社が持つ様々なネットワークも含めたソリューションの提供を可能とする(画像はプレスリリースより)

 ソフトバンクは12日、低消費電力でIoTを実現するLPWAネットワークとして「LoRaWAN」を採用した総合的IoTソリューションを、2016年中に提供開始することを発表した。

 LPWAは「Low Power Wide Area」の略称で、IoTに適した省電力広域無線通信として注目され、通信規格の「LoRaWAN」は920MHz帯などを使用した免許不要の規格で、最大距離で15Km程度の伝播距離を実現している。

 920MHz帯を使用した同種のLPWAとしては、国内発のWi-SUNや、欧州で普及するフランスのSIGFOX、Wi−Fi AllianceのWi-Fi HaLowなどが競合している。

 「LoRaWAN」は現在、IoT関連企業391社が加盟する「LoRa Alliance」が仕様策定と推進を行っており、欧州、米国、韓国、ロシアなどでサービス展開が行われている。通信速度は低速だが、低コストで省電力という特徴から、倉庫での在庫管理や、家庭のスマートメーターの通信手段など、IoTでの活用が期待される。

 ソフトバンクは今後、デバイスやサービス、アプリケーション開発などをソリューションパッケージとして提供していく。

関連記事(外部サイト)