電動窓シャッターの遠隔操作で外出先から防犯・防災対策!

電動窓シャッターの遠隔操作で外出先から防犯・防災対策!

外出先からのアプリを使った操作イメージ。これまで文化シヤッターが提供していたアプリの機能に加えて、パナソニック提供の「スマートHEMS」アプリでは、外出先からの状態確認と閉操作ができるため、防犯対策や台風などへの迅速な対応などが可能となる(画像はプレスリリースより)

 文化シヤッターは14日、パナソニック製「スマートHEMS」と連携できる電動窓シャッター「マドマスター・スマートタイプ」が、外出先からにスマートフォン操作に対応することを発表した。

 同社の電動窓シャッター「マドマスター・スマートタイプ」は、住宅の家電や電気設備の使用料可視化と節電を可能とする管理システム「HEMS」の国際標準化規格「ECHONET Lite」に準拠している。また、パナソニック製スマートHEMSの中核機器「AiSEG」と連携でき、宅内の電動窓シャッターを一元管理することを可能としている。

 新たに拡張されたパナソニックのスマートフォン向けアプリが21日から配信されることに伴い、これまでの宅内操作に加えて、遠隔地からスマートフォン経由で電動窓シャッターを操作することが可能となる。

 最大で32台の窓シャッターを個別もしくは一括で操作することができ、ワンタッチで半開操作したりタイマー設定で開閉を行うことなどができる。外部からは閉め操作が可能となっており、開閉状態がメールで配信される状態通知機能を備えているため、防犯対策としても活用することができる。

 「マドマスター・スマートタイプ」の参考価格は、間口1,617mm、高さ2,153mmのマドマスターリード・スタンダードモデル、1棟3台設置時で656,000円となっている。

関連記事(外部サイト)