賃貸住宅の空室内覧にスマートロック活用!東急グループが実証実験スタート

賃貸住宅の空室内覧にスマートロック活用!東急グループが実証実験スタート

東急住宅リースが内覧希望を受けた際に、スマートロックの遠隔操作を行う。利用客は管理会社や仲介業者が立ち会うこと無く内覧することができ、物理的な鍵も必要としないので業務の効率化が可能となる(画像はプレスリリース)

 東急住宅リース、イッツ・コミュニケーションズ、Connected Designの東急グループ3社は、IoTサービス「インテリジェントホーム」を活用した賃貸住宅の空室内覧を効率化する実証実験を20日から開始することを発表した。

 東急住宅リースが管理する横浜市青葉区の賃貸住宅での空室内覧時に、イッツコムが提供する「インテリジェントホーム」機器を活用し、コネクティッド・デザインのIoT管理システム「Connected API」によりスマートロックの遠隔操作を行うものとなる。

 実証実験の期間は9月20日から2017年1月までの半年間。

 東急住宅リースでは今後、内覧予約時間と連動した時限式スマートロックの開閉を、利用客自身が行う試験操作の検証なども予定している。

関連記事(外部サイト)