センサー連携で多層的な見守りを実現する家庭用PTカメラ

センサー連携で多層的な見守りを実現する家庭用PTカメラ

画像右が無線センサー対応ネットワークカメラ「カメラ一発!(CS-W72Z)」、左が4in1多機能無線センサー「ZD2201JP-5-P」。無線規格は世界標準規格の「Z-Wave」だ(画像は公式Webサイトより)

 プラネックスコミュニケーションズは、複数の無線センサーデバイスと連動できるネットワークカメラ「カメラ一発!(CS-W72Z)」と、4in1多機能無線センサー「ZD2201JP-5-P」、及びそのセットモデルとなる「CS-W72Z-K1」を9月末から発売することを発表した。

 ネットワークカメラである「CS-W72Z」は、ヨーロッパを中心に普及が進む無線センサー規格「Z-Wave」に対応し、対応機器であればメーカーを問わず相互通信が可能。そのため拡張性が高く、専用アプリ「PLANEX カメラ一発!センサー」と組み合わせることで、パーソナライズされたIoT環境の構築も容易だ。

 パン(左右)340度、チルト(上下)170度と1台で広範囲をカバーできるカメラで、他にもマイクとスピーカーを搭載し、双方向通話が可能。また、動体検知・音声検知機能も搭載しており、各種センサーとの連携させながら、検知したアラートをスマートフォン等にプッシュ通知できる。

 録画映像に関しては、はクラウド(Dropbox)、ネットワーク上のNAS、本体装着のmicroSD/microSDHCメモリーカードの中から選んで保存する。

 撮像素子は100万画素の1/4インチCMOSセンサーを採用し、最大1280×800ピクセルの撮影が可能。IEEE802.11n/g/bの無線LAN対応で場所を選ばずに設置できる。またカメラの前面に昼用と夜用2つのレンズと赤外線LEDを搭載しており、暗くなると自動的に赤外線撮影に切り替わるため、防犯対策等に適している。

 一方、4in1多機能無線センサー「ZD2201JP-5-P」は、カメラと同時に発売されるZ-Waveセンサーで、1台で開閉検知、温度、湿度、照度と4種類のセンシングが可能。また、カメラと連動させ、必要な時だけカメラをパン・チルトさせて映像を確認することができるため、プライバシーに配慮しつつ、遠隔地の高齢者を見守るといった使い方ができる。

 Amazonでの販売価格はネットワークカメラ「カメラ一発!(CS-W72Z)」が35,800円、多機能無線センサー「ZD2201JP-5-P」が14,799円、セットモデル「CS-W72Z-K1」が49,800円(いずれも税込)となっている。

関連記事(外部サイト)