紛失補償にも対応!落し物追跡タグ「MAMORIO」

紛失補償にも対応!落し物追跡タグ「MAMORIO」

「MAMORIO」はスマホとペアリングし、距離が離れると通知することで紛失を防ぐSDカードサイズのBLEデバイス。クラウドトラッキングによる位置追跡も可能だ(画像は公式Webサイトより)

 MAMORIOは26日、au損害保険の協力のもと、落し物追跡タグ「MAMORIO」のユーザーに向け、紛失まで補償範囲とした盗難保険が付帯されるオプションサービス「MAMORIOあんしんプラン」の提供を10月より開始する。

 同社が提供する落し物追跡タグ「MAMORIO」は、「なくすを、なくす。」をコンセプトに掲げ、ペアリングしたスマートフォンとの距離が離れるとプッシュ通知することで置き忘れ等を防ぐ、SDカードサイズのBLEデバイス。タグが他のMAMORIOユーザーとすれ違ったときに位置情報を知らせるクラウドトラッキング機能も搭載しており、紛失防止に加え、盗難防止ツールとしても活用できる。

 今回提供される「MAMORIOあんしんプラン」は、登録したMAMORIO本体それぞれに対し、スマートフォンから簡単操作で申し込みでき、紛失時の自動クラウドトラッキングモードの適用・捜索支援のカスタマーサポートが提供されるだけでなく、盗難・紛失補償特約付盗難保険が付帯されたサービスとなる。

 同プランの大きな特徴は、これまで日本では難しかった紛失リスクに対しても補償対象となったこと。IoT技術の活用により紛失防止確率や発見確率の向上が見込まれることに加え、同社が保険契約者となり、保険集団の安定化を図られていることなどが要因となっているとのこと。

 財布やカバン、鍵、電化製品(モバイル通信機能を備えるスマートフォン、タブレット端末を除く)などについて、最大で2〜3万円まで補償される。利用料金は1デバイスにつき年間1,000円(税別)。今後は対象となるカテゴリの拡大をさらに行っていく予定だ。

関連記事(外部サイト)