監視から見守りの時代到来を予感させるスマ@ホームシステム

監視から見守りの時代到来を予感させるスマ@ホームシステム

「スマ@ホーム システム」の新たなラインナップの中でも象徴的な製品となる「おはなしカメラ(KX-HC500-W)」を持つ綾瀬はるかさん(撮影:防犯システム取材班)

 昨今、“防犯&監視”を前面に押し出したいわゆるホームセキュリティサービスに加えて、もう少しゆるやかな立ち位置の高齢者や子どもの見守りなどを目的とした“ホームセーフティ”と位置づけられる製品に注目が集まっている。

 そんななか、パナソニックは、ホームセーフティをコンセプトにした「テレビドアホン」と「スマ@ホームシステム」の新製品発表会とスペシャルゲストの綾瀬はるかさんを交えたトークセッションを27日に都内で開催した。

 「スマ@ホーム システム」は、昨年8月に発表された個人宅の見守りを目的とした製品群で、ネットワークカメラ、開閉センサー、人感センサーなどの機器をホームユニットでまとめて制御し、インターネットを介して、カメラが撮影した映像や、センサーがとらえた検知情報を、スマートフォンから確認できるサービスとなる。

 今回は、そのシステムに新たなラインナップとして、双方向通話とカンタン設置が特徴のネットワークカメラ「おはなしカメラ(KX-HC500-W)」や乾電池駆動の「屋外バッテリーカメラ(KX-HC300S-H)」、防犯的な活用ができる「LEDセンサーライト(KX-HA100S-H))」「お知らせチャイム(KX-HA200-W)」が発表された。

 また、同社がこれまで展開してきたテレビドアホンシリーズも、大幅にバージョンアップ。「外でもドアホン」と名付けられた「VL-SWH705/SVH705」シリーズでは、新たに外出先からでもスマホを介して、来客対応できるようになったことが大きな特徴だ。

 そして前述した「スマ@ホーム システム」との連携も可能となり、テレビドアホンを防犯ツールとしても活用することもできるようになった。

 細かいところを見ていくと、H.264による信号処理を行うようになり、従来機は監視カメラで言うところのアナログ監視カメラのようなどこか鮮明さに欠ける映像だったのが、デジタル的な鮮明な映像を取得できるようになっている。

 なお、「スマ@ホーム システム」の新たなラインナップに関しては、10月13日からの発売が予定されており、「外でもドアホン(VL-SWH705/SVH705)」シリーズは、2017年1月19日が発売予定となっている。いずれも価格はオープン。

関連記事(外部サイト)