富士通がIoTシステムの検証環境を公開

富士通がIoTシステムの検証環境を公開

IoT検証環境のイメージ。クラウド環境やネットワーク環境から各種センサーデバイスなどのIoT検証環境を無償提供することで、開発・導入を迅速化することが目的だ(画像はプレスリリースより)

 富士通は28日、自社およびパートナー企業向けとして、IoT関連の製品・サービスを組み合わせたIoTシステムの検証環境を提供していくことを発表した。

 内容としては、東京都港区の「FUJITSU Digital Transformation Center(DTC)」内で、アプリケーション開発ベンダーがIoT製品の接続検証を無償で行えるものとなっている。開発ベンダーはクラウド環境やネットワーク環境などを自前で用意する必要が無いため、IoTソリューションの開発が容易となる。

 また、同日よりIoTビジネスの創出と業務プロセス効率化を行う顧客に向け、システムの企画から試作検証、設計、構築、運用までトータルで支援する「FUJITSU IoT Solution IoTビジネスサポートサービス」の提供も行っていく。IoTコンサルティング、IoTシステム設計・構築支援サービス、IoTシステム運用支援サービスで構成されており、価格は個別対応となる。

 同社では2018年度末までに累計300社への販売を目標としている。

関連記事(外部サイト)