稼働状況や故障の予兆を見える化!企業向けIoT導入キット

稼働状況や故障の予兆を見える化!企業向けIoT導入キット

IoT機器で重用される920MHz帯マルチホップ無線は、複数の無線機器を経由してネットワーク接続が行えるため、広域を低コストで構築できるメリットがある。IoT導入パッケージはITインフラ運用を行う同社のクラウドサービス「EXaaS」との連携で提供される(画像はプレスリリースより)

 沖電気工業は、920MHz帯無線を用いたIoT導入パッケージ「IoTファストキット」を10月3日より販売する。

 IoT機器の通信で多用される920MHz帯は、2.4GHz帯などと異なり干渉が少なく、障害物などがあっても長距離通信が可能という特徴がある。

 同キットの特徴は、通常のIoT機器開発では初期導入コストが高価となっていた課題を、同社が展開するマネージドクラウドサービス「EXaaS」をIoTプラットフォームとし、各種センサーやユニットをパッケージ化することで、低コストを実現しながら開発を容易とする環境を提供する。

 同社では、工場向け工作機器の稼働状況の見える化から故障との相関関係を見出す予防保全システムの試行導入、鉄道設備の老朽化と故障関係を見出す故障予兆システムの試行導入として、同キットを利用してもらうことを想定している。

 キットの構成は、照度センサー、CO2センサー、温湿度センサー、振動センサー、920MHz帯マルチホップ無線ユニット、IoTゲートウェイ、収集したデータの見える化のためのIoTプラットフォームをセットにしたソフトウェアとなり、価格は230,000円からとなっている。

関連記事(外部サイト)