カメラ連動&防犯・防災活用もできるネットワークスピーカー

カメラ連動&防犯・防災活用もできるネットワークスピーカー

ネットワークキャビネットスピーカー「AXIS C1004-E」。防まつ構造で黒と白の2カラーがある(画像はプレスリリースより)

 アクシスコミュニケーションズは30日、ネットワークスピーカー「AXIS C1004-E」「AXIS C2005」の2機種を発表した。アンプ・ミキサーなどの機器や専門的な音響の知識を必要とせずに、小売店舗向けのサウンドシステムとして容易に導入することができる。

 箱から出してすぐ使えるように設定されたPoE対応のオールインワンデバイスとなっており、アンプ、ミキサー、デジタルシグナルプロセッサー、ストリーミングファンクション、外部電源といった機器は不要。専門的な音響の知識や経験を必要とすることなくサウンドシステムを構築できる。

 店舗のBGMやアナウンスなどの音声をネットワーク上で管理可能で、個別または一括で多数のスピーカーの音声や音量などをコントロールできる。スケジュールに基づいた音声配信、ライブ音声、ネットワークカメラと連動させたトリガーによる音声の発報、音声の配信状態の確認など、多目的な用途に対応可能だ。

 メーカー希望小売価格はキャビネットスピーカー「AXIS C1004-E」が87,800円、シーリングスピーカー「AXIS C2005」は63,800円(いずれも税別)。出荷開始時期は10月下旬の予定。

関連記事(外部サイト)