音で設備機器の異常を可視化する異音検知ソリューション

音で設備機器の異常を可視化する異音検知ソリューション

ソリューションの概要。正常時の稼動音を事前に覚えさせ、正常稼動音と実際に取得した稼動音の乖離度合いを判定して異音の発生を可視化する(画像はプレスリリースより)

 NTTデータは、IoT技術を用いて設備機器の稼動音を可視化することで、異常検知・予防保全を支援する異音検知ソリューションを11月より提供開始することを発表した。

 同ソリューションは、NTTメディアインテリジェンス研究所の異常音検知技術(特許出願中)とNTTデータが開発した「稼動音解析システム」を組み合わせることで、工場等の生産設備機器やインフラ設備機器の稼動音の解析を行い、機器の異常の検知や故障の予兆となる稼動音の変化を検知する。

 これまで、各種設備機器の保全や点検作業は、経験豊富なベテラン技術者の勘や経験に頼っていた。そこでNTTデータは、ベテラン技術者からの保全に関するヒアリング等を実施し、「稼動音」と「故障」に相関関係があることに着目し、本ソリューションを開発したという。

 同ソリューションにより、これまで属人化されていた保全業務の効率化および高度化を実現。設備機器の故障頻度の削減や稼動率の向上に貢献するとともに、監視対象の稼動音データをクラウドに集約して、複数拠点に設置された多数の設備機器の状況を遠隔から一元監視するといった運用も可能になる。

 今後は機器の「稼動音データ」に加え、「保全ログデータ」や「稼動ログデータ」も取得する機能を強化。また3つのデータを組み合わせてデータ分析を行い、AIなどの技術と組み合わせることで、より精度の高い予防保全が可能となるIoTソリューションを実現していくという。

関連記事(外部サイト)