価格は抑えてもフルHD対応!キヤノンのIPカメラ群

価格は抑えてもフルHD対応!キヤノンのIPカメラ群

小型ながらPTZ機能を備えたドーム型の「VB-S30VE」。IP66の防じん防水構造で、IK10の耐衝撃性能も有している(画像はプレスリリースより)

 キヤノンは3日、フルHDに対応したネットワークカメラ(IPカメラ)の新製品7機種を11月下旬から順次発売することを発表した。

 ラインナップは、軒下設置が可能な小型タイプで、ドーム型2機種、光学3.5倍ズームレンズを搭載したボックスタイプの5機種となる。

【ドーム型】
VB-S30VE/価格:12万3,000円/2016年12月下旬発売
VB-S800VE/価格:9万8,000円/2016年12月下旬発売

【ボックス型】
VB-H760VE/価格:24万8,000円/2016年12月中旬発売
VB-H761LVE/価格:29万8,000円/2016年12月中旬発売
VB-S910F/価格:89,800円/2016年11月予定発売
VB-H751LE/価格:27万円/2016年12月中旬発売
VB-H651VE/価格:23万8,000円/2016年12月中旬発売
※いずれも税別


 共通する仕様として、キヤノン独自の背景差分方式により異常事態を検知する7種類のインテリジェント機能をはじめ、映像エンジン「DIGIC DV III」、映像圧縮通信エンジンに「DIGIC NET II」を搭載し、フルHD解像度では30fpsの配信性能を実現している。また、ネットワークカメラなので、スマートフォンやタブレットからのモニタリングにも対応する。

 象徴的な2機種を見ていくと、まずドーム型の「VB-S30VE」は直径約132mm、高さ約65mmの手のひらサイズの小型ボディーながら光学ズームとパン・チルト・ズーム機能を搭載。店舗の軒下や駅のホームなどの屋外環境への設置にも備える、防じん・防水構造(IP66)、耐衝撃性能(IK10)を備える

 そしてボックス型の「VB-H761LVE」は、光学20倍ズームと0ルクスの暗闇でも最長60m先まで白黒撮影が可能な機種で、工場や発電所など屋内外に問わず様々な環境にも対応する防じん・防水構造(IP66)、そして耐衝撃性能(IK09)を備えている。

関連記事(外部サイト)