次世代のセキュリティ技術!産学連携の最新研究3選

次世代のセキュリティ技術!産学連携の最新研究3選

「大学知財群活用プラットフォーム」の産学連携活動の展示パネル。山梨大学、東京電機大学が研究を進めている3つの技術のセキュリティ分野への応用が展示されていた(撮影:防犯システム取材班)

 東京ビッグサイトで開催された「第27回計量計測展」にて、大学などの研究機関で構成される「大学知財群活用プラットフォーム」は、産学連携活動の展示を行った。そのなかでは今後のセキュリティ分野への応用が期待される研究が複数展示されていたので紹介していこう。

●不審な動きを検知するセンシング技術

 センシング技術のセキュリティ分野への応用としては、山梨大学や東京電機大学の研究内容、特許技術が展示されていた。

 まず、山梨大学の「映像内活動可視化装置、方式及びプログラム」は、対象者の時間ごとの活動度を可視化して、犯罪の未然防止を行うものとなっている。

 もともとは大学内の講義で学生の受講態度をモニタリングしていたもので、講義に集中せずに睡眠するなどの行動を、時間軸で個体別に変化点を可視化している。人や物の動きを監視して不審な動きを早期に発見することで犯罪の予防に繋げることも可能な技術となっている。


●顔が分からなくても服装から該当者を検索!

 続いて東京電機大学の「顔がわからなくても人物の検索ができるシステム」は、映像から人物の衣服などの特徴を検出して識別することができるシステムで、大勢の人物が映った映像などから個人特定を行うことを可能としている。

 仕組みは、背景から特定人物の衣服の領域を抽出して上半身と下半身に分割し、色模様やテクスチャ特徴などを取得するというもの。顔情報よりも特徴領域が大きいため、映像ソースによっては、顔認証システムよりも特定人物の追跡に適するだろう。


●群衆の中から容疑者をあぶり出す

 同じく特定人物の追跡に使える技術としては、山梨大学の「2値化画像への情報埋め込み方式及び読み出し方法」も当てはまる。

 自由なデザインが難しかったQRコードやカラーコードの課題を克服する技術で、任意のデザインのマークやロゴに情報を埋め込み、それをスマートフォンのカメラや監視カメラで読み取ることができる技術となる。

 この技術がどう防犯・セキュリティに活用できるといえば、要注意人物が特徴的なマークやロゴが入った服装をしていれば、そのマークなどを登録することで、複数の人間が映っている監視カメラの映像から特定のマークを抽出・分析することで、要注意人物を見つけ出すといったことが可能だ。

 また、スマートフォンのカメラを利用して、複数の人間が特定のマークを探し出すといった応用も可能で、特定の人物が持つアイテムを集団で発見するようなことも可能で、防犯以外にも迷子捜しなどにも応用できるだろう。


関連記事(外部サイト)