三井不動産リアルティ、「三井のリパーク」のコールセンター業務でAI活用へ

三井不動産リアルティ、「三井のリパーク」のコールセンター業務でAI活用へ

三井不動産リアルティ、「三井のリパーク」のコールセンター業務でAI活用へ

 三井不動産リアルティは、同社が運営している駐車場「三井のリパーク」のコールセンター業務の一部を、エーアイスクエアに委託し、AI(人工知能)を活用して、業務効率化・高度化する取り組みを開始すると発表した。

 三井不動産リアルティがエーアイスクエアに対して委託するのは、コールセンターへの入電のうち3割を占めるという、顧客の問い合わせ応対と清掃や集金を行う駐車場運営スタッフの報告受理業務。エーアイスクエアは、AIと人とのハイブリッド運用を前提として、業務を自動化・効率化・高度化することを目的に、2016年10月に開設されたばかりの次世代型のコンタクトセンター「RPAセンター」にて報告受理業務を行う。

 両社は、今回の取り組みについて、各種AI技術を活用して、コンピューターが得意とする定型的で正確さが求められる問い合わせ応対についてはオペレーターを支援する一方で、細やかさが必要とされる応対については、オペレーターがより業務に専念できる環境整備に努めたいとしている。

関連記事(外部サイト)