安全な自動運転を実現へ、デンソーと東芝がAI技術を共同開発

安全な自動運転を実現へ、デンソーと東芝がAI技術を共同開発

DNN-IPは人間の脳神経回路を模したアルゴリズムで、人間と同等以上の認識処理が期待されている。両社は共同でDNN-IPの小型化と省電力化を実現し、車載用プロセッサーへの実装に向けた開発を行っていく(画像はプレスリリースより)

 デンソーと東芝の両社は17日、自動運転を実現する画像認識システム向けの人工知能(AI)技術で共同開発を行うことに合意したことを発表した。

 両社はこれまで独自に高度運転支援、自動運転技術の実現に向けた自主開発を行ってきたが、今後は画像認識システム向けの人工知能技術(Deep Neural Network-Intellectual Property(DNN-IP))を共同で開発していくことになる。

 なお、DNN-IPは障害物などの対象物を抽出して学習でき、自動運転においては認識、検知精度を飛躍的に向上させる事が可能となる。

 共同開発における役割分担としては、デンソーが従来から開発していたDNN-IPの画像センサーへの応用を行い、自動運転システムの実用化を加速させる。そして東芝は、共同開発したDNN-IPの専用ハードウェア化と、車載用画像認識プロセッサー「Visconti(TM)シリーズ」等への実装を行い、認識処理の向上と低消費電力での処理を実現する。

関連記事(外部サイト)